薄毛男性の多くは男性型脱毛症!効果ある育毛剤の選び方

男性の薄毛トップ

ストレス社会ともいわれる現代において、若くても薄毛に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

もしも薄毛になってしまったとき、どうしたらいいのか、どの育毛剤を選べばいいのか、知っているのと知らないのとでは、どちらがいいのかは想像に難くないでしょう。

そこで、薄毛というものについて、少し考えていきます。

男性の場合、その多くが男性型脱毛症(AGA)だと言われています。

若年期脱毛症や、壮年期脱毛症など年代によって呼び方が変わって気はしますが、どちらにしても、原因の多くがAGAなのだそうです。

またAGAの原因ですが、様々な要因が重なって起こりますが、主な原因としては男性ホルモンになります。

男性ホルモンであるテストステロンが、酵素である5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに変換され、このジヒドロテストステロンが薄毛を引き起こします。

もともとジヒドロテストステロンとは、幼少期や成長期に性器の成長や体毛を濃くするなど、男らしい体を作るために造られるのですが、思春期を過ぎてくると、薄毛の原因になるだけではなく、皮脂の分泌を促したり、ニキビの原因になったり、前立せん肥大を促したりと、良くない効果が目立ってきます。

ジヒドロテストステロンが薄毛の原因と言われるのは、ヘアサイクルを乱すからです。

ヘアサイクルとは、髪の一生のようなもので、大まかに成長期→退行期→休止期→脱毛期と分けられます。この中の成長期を短くして髪が太く・長くなる前に抜けるようになるのが、ジヒドロテストステロンの特徴です。

男性ホルモンが=薄毛の原因という話を聞くことがありますが、それは正確ではなく、男性ホルモンのテストステロンは、思春期以降も男性にとって大事なホルモンになります。

それにテストステロンが増えたから、薄毛になるのではなく、ジヒドロテストステロンになるから薄毛になるのです。

そのため、男性ホルモンを増やしても、5αリダクターゼの対策をしておけば、薄毛の心配はいらないことになります。

ホルモン以外の原因その1

続いてホルモン以外の薄毛の原因について、お話します。

ただAGAに直接かかわるわけではないですから、以下の原因を解消しても結局はジヒドロテストステロンをどうにかしないといけないこともありますから、気を付けてください。

まずは、ストレスです。

今や万病の元とも言えそうなストレスですが、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

直接的な問題としては、自律神経に乱れが生じて、血行が悪くなることです。

血行が悪くなると、毛根にある髪の毛を作る細胞(毛乳頭・毛母細胞)に栄養が行かなくなり、栄養不足で髪を作れなくなります。

間接的な原因としては、ストレスからくる不眠症や偏食があげられるでしょう。

続いて、普段の食事から、薄毛になる可能性もあります。

ストレスの時の偏食にもつながりますが、偏った食生活や無理なダイエットなどによる純粋な栄養不足は、髪にとって悪影響だと言っていいです。

血行不良で栄養が届かずに薄毛になるのは、説明しましたが、当然栄養が届けられても必要分がそろわなければ、髪を作り出せません。

睡眠も薄毛や抜け毛に大きくかかわってきます。

睡眠中というのは、疲労回復や成長などが行われていることはご存知だと思いますが、髪の修復や成長も寝ている間に行われます。

子供のころに早寝早起きをしないと大きくなれないと言われていたのは、成長ホルモンが関係していますが、髪も同じということですね。

午後10時~午前2時が髪が伸びやすい時間とされ、この間に寝ていなければ、髪は充分に成長できません。また髪の回復も充分に行われていなければ、切れやすく、抜けやすくなります。

運動不足も、頭皮環境の天敵です。

運動不足で太ってしまうと、肌が脂っこくなりますよね。それはつまり、皮脂が増えているわけですが、皮脂が増えると毛穴を塞いでしまう為、髪の成長が阻害され薄毛に繋がります。それから、運動不足だと血液がドロドロになる恐れがあり、血行不良からストレスと同じように髪の栄養不足に繋がります。

ホルモン以外の原因その2

ストレス・食事・睡眠・運動以外にも、健康に悪そうなことは、髪の毛にも悪影響だと言えます。

例えば過度なアルコール摂取。酒は百薬の長とも言いますが、それはほどほどの場合であって、たくさん取りすぎるとアルコールを分解するために、肝臓にダメージを与えると同時に、多くの栄養を消費します。

その中には、髪に使われるはずだった栄養も入っていますから、間接的にですが、髪の栄養不足になります。

頭皮を清潔に保つために、しっかりとシャンプーをするというのは大事です。

しかし、シャンプーを含めヘアケアは薄毛対策になりますが、やり方が間違っていたり、自分に合っていなかったりすれば、逆効果になります。

例えばシャンプーで毛穴を塞いでいる皮脂を除去することは大事ですが、皮脂は肌を守るうえでも必要なものです。

その皮脂を必要以上に落としてしまうと、過剰に皮脂を分泌して、不足分を補おうとします。その皮脂が毛穴を塞ぐかもしれません。

また、皮膚に合っていないシャンプーを使うことで、頭皮が炎症などを起こし、抜け毛につながることも考えられるでしょう。

紹介する最後はタバコです。

タバコを吸うと、血行が悪くなりますから、髪に栄養が送られにくくなり、薄毛につながると言えるでしょう。

薄毛の主な原因の考察

薄毛の主な原因

以上までで、なんとなく薄毛の原因にどのようなものがあるかをまとめることが出来るでしょう。

1つはホルモン(ジヒドロテストステロン)、1つが血行不良(と栄養不足)、1つが皮脂などによる直接的な成長阻害です。

薄毛になってしまった場合に大切なことは、自分がどのような原因で薄毛になったのかを把握しておくことです。

例えば、皮脂が毛穴を塞いでいることが原因で薄毛になっているのに、いくら血行を促進させても意味がないといった感じですね。

実際のところ、どれか一つだけが原因というよりも、複数の要因が合わさって薄毛になっていることが多く、栄養が偏った食事をとっていないか、睡眠はちゃんととれているのか、ストレスは溜まっていないか等一つ一つ確認してみるのが良いでしょう。

個人で出来る薄毛対策

抜け毛増えたかなとか、ちょっと薄くなってきたように感じるといった場合でも、なかなか病院や育毛剤には手を出しにくいという人もいるのではないでしょうか。

男性であっても、特に20代以下の若年層であれば、経済的な理由や周りに知られたくないということで精神的な壁が大きい事でしょう。

そこで個人で出来る事ですが、一言で言ってしまえば、規則正しい生活を心がけることです。

食事はちゃんと栄養のバランスが取れたものを食べていますか。

ついつい好きなものばかりを食べてしまう人や、外食に頼りっきりになってしまう人も少なくはないでしょう。

それから適度な運動をすることです。会社と家との往復の中で、なかなか運動をする時間がないという人もいるかもしれませんが、エスカレーターではなく階段を使うとか、1駅分は歩いてみるなど、ちょっとしたところから運動することを意識してみるといいのではないでしょうか。

また適度にストレスは発散しておきたいところです。

現代社会だとストレスと無縁の生活を送ることはできないと思いますが、自分なりの発散方法を見つけて、できるだけためないように心がけましょう。軽い運動がストレス発散になるのであれば、一石二鳥だと言えますね。

アルコールを飲む量や、タバコを吸う本数を減らすことが出来れば、経済的にも余裕が出てくるのではないでしょうか。

健康的な生活は、薄毛対策だけではなくて、様々な面で生活にプラスになると思いますので、ぜひ見直してみてください。

ただし、急激に生活を変えてしまうと、返って体に良くありませんから、徐々に変えることを気がけてみましょう。いきなり1時間走ろうとすると、足を痛めかねません。

食べ物で薄毛対策!?男性の薄毛予防におすすめ食材ランキング

最近、薄毛に悩んでいるという方は、どのような対策をとっていますか?育毛剤を使用したり、クリニックで治療をしたりしている方も多いのではないでしょうか。もちろん、それらは男性の薄毛対策に有効ですが、それだけでは足りない場合もあります。

男性の薄毛には、大きく分けて以下のような原因があると考えられています。

  1. 男性ホルモンによるもの
  2. 頭皮環境のトラブルなどによって直接的に成長を阻害されている
  3. 生活習慣の乱れ
  4. ストレス

頭皮に直接アプローチすることも大事ですが、同時に生活習慣も見直してみてください。特に食事の栄養バランスは育毛・発毛とは切っても切れない関係にあります。また、食材によっては、薄毛を予防したり発毛・育毛を助けたりするのに役立つものもあります。

ここでは、薄毛に悩む男性におすすめの食材をランキング形式で紹介します。普段の食事の中に、ここで紹介した食材を上手に取り入れてみてくださいね。

  1. 健康な頭髪に必要不可欠な栄養素が豊富な卵

    ミネラルやタンパク質を豊富に含む卵がランキング1位。ミネラルは抜け毛や白髪対策に効果があり、そもそも毛髪はタンパク質から作られるので、不足すれば薄毛の原因になります。

    また、卵にはビタミンの1種であるビオチンという成分も含まれています。ビオチンが不足すると脆弱毛になりやすくなるため、日々の食事からしっかりと補う必要があります。十分なビオチンを摂取すれば、発毛促進効果があるので、薄毛対策にぴったりです。

    このように、卵には頭髪の健康維持に効果がある栄養素が豊富に含まれています。卵であれば1人暮らしの男性も手軽に取り入れることができるので、かなりおすすめの食材です。毎日必ず1個は食べるようにすると良いでしょう。

  2. おやつ感覚で亜鉛を摂取できるナッツ類

    ランキング第2位は、亜鉛を豊富に含んでいるナッツ類がランクインしています。健康的な髪質にするために重要な栄養素はミネラルが有名ですが、その中でもさらに薄毛対策に有効なのが亜鉛です。

    亜鉛には

    • 新陳代謝を活発にする
    • ホルモン分泌を助ける
    • タンパク質を合成する
    • 細胞分裂の際に使われる

    などの働きがあります。

    さらに、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きもあります。亜鉛を摂るだけで、生活習慣の乱れによる薄毛だけではなく、ホルモンによる薄毛も対策できるので、絶対に摂りたい栄養素です。

    現代人は亜鉛が不足しがちだと言われており、薄毛で悩んでいる男性は意識して摂るようにしましょう。ナッツ類は亜鉛が豊富に含まれていますが、高カロリーですから、食べ過ぎは禁物です。普段のおやつ替わりに少しずつ食べ続けるようにするのがおすすめです。

  3. 抗酸化作用で若々しさを保つ効果が期待できる牡蠣

    ナッツ類と同様、牡蠣も亜鉛が豊富なことで有名な食材です。牡蠣には亜鉛以外にも、タンパク質や、強い抗酸化作用を持つセレンなどが含まれています。セレンは強い抗酸化作用を持つとされるビタミンEと比較しても、数十倍になると言われるほどです。

    老化の原因となる活性酸素をそのままにしておくと、頭皮や毛髪も老化してしまいます。抗酸化作用を持つセレンを適量摂るようにすれば、頭髪を若々しく保つ効果が期待できるので、抜け毛対策に役立ちます。

    ただし、セレンの摂り過ぎによって抜け毛が増えたという口コミもあります。セレンは亜鉛などと比較すると、日々の食事から簡単に摂ることができる栄養素ですから、サプリなどを飲む必要はありません。ぜひ、牡蠣をはじめとする魚介類から適量を摂取しましょう。

    ナッツ類などと比較すると、牡蠣はあまり頻繁に食べられないというデメリットはあるかもしれません。しかし、牡蠣のオイル漬けなど、レシピを工夫すれば作り置きすることも可能です。料理が得意な男性はぜひ試してみてくださいね。

  4. タンパク質やミネラルの働きを助けるビタミンが豊富な緑黄色野菜

    食べ物で育毛効果を狙うなら、タンパク質やミネラルを豊富に含む食材を取り入れるのがおすすめです。しかし、どんなに素晴らしい栄養素であっても、そればかりに偏ってしまっては意味がありません。

    タンパク質やミネラルが十分な働きをするために欠かせないのがビタミン類です。緑黄色野菜にはミネラルとビタミンが豊富に含まれています。また、ビタミンAとビタミンCには育毛効果があると言われています。

    緑黄色野菜の中でも特におすすめなのがトマトです。トマトに含まれるリコピンには、頭皮の老化を防ぐ効果があります。また、抜け毛の原因となる紫外線のダメージを軽減させる作用もあるので、抜け毛予防に効果的です。

    トマトは生で食べるよりも、火を通したほうが栄養を吸収しやすいという特徴があります。普段あまり料理をしない男性なら、トマト缶などを利用すると簡単かつ栄養をしっかり摂れるのでおすすめですよ。

  5. 太くてハリのある髪を作る栄養素を含む鶏肉

    ランキング5位はヘルシーで良質なタンパク質をたっぷり含んでいる鶏肉です。また、髪の材料となるタンパク質の生成を促すビタミンB2・B6も含有しています。そのため、鶏肉を食べることで育毛効果・発毛効果が期待できるというわけです。

    ただし、脂質の摂り過ぎは皮脂の分泌量が多くなって毛穴を塞いでしまうため、抜け毛や薄毛を促進してしまいます。唐揚げなどではなく、茹でたり煮たりして食べるのがおすすめです。

    鶏肉は牛肉などと比較すると値段も安いので、日々の食事に取り入れやすいというのもメリットでしょう。鶏肉は緑黄色野菜やナッツ類とも相性が良いので、ぜひレシピを研究して、楽しみながら育毛対策をしてみてください。

  6. 薄毛・抜け毛を促進する食品ランキング

    頭髪を健やかな状態に導く食品もあれば、摂り続けることで薄毛や抜け毛を促進してしまう食品もあります。これらのランキングにも軽く触れておきましょう。

    1位:油分の多い食品
    ラーメンやスナック菓子など、油分の多い食品を継続して摂ると頭皮の皮脂が過剰分泌を起こしやすくなります。その結果、抜け毛や薄毛以外にも、頭頂部の匂いが気になるようになることもあるようです。

    2位:低カロリー食品
    まだ年齢の若い女性でも、無理なダイエットのせいで薄毛になる方は多いようです。その理由は、栄養バランスの乱れにあります。低カロリーで栄養バランスの悪い食品ばかり食べていると、エネルギーが頭まで到達しにくくなるため、薄毛になることがあります。

    3位:アルコール
    適度な量のお酒は、血行促進やストレス解消にも繋がるため、そんなに気にする必要はありません。ただし、適量を超えてしまうと肝臓に負担をかけるため、髪の材料であるタンパク質合成の妨げになります。

    また、食品ではありませんが、タバコもあまり頭髪に良い影響を及ぼしません。タバコに含まれる有害物質によって血管が収縮するため、血行不良になりやすくなります。血流が悪くなると頭皮に栄養が行き届かなくなるため、薄毛・抜け毛のリスクが高まります。

    薄毛や抜け毛は、食習慣によるものもありますが、ストレスも大きな要因を占めています。頭髪に悪影響だからといって、好きな食べ物や嗜好品を我慢しすぎるとそれがストレスになり、逆に薄毛になる可能性もあります。適度に息抜きもしましょうね。

    3つある育毛剤の種類

    育毛剤の種類

    生活を変えられないという場合もそうですが、生活を変えたうえで同時に行いたいのが育毛剤の使用です。

    どちらか片方だけやる場合に比べると、効果も高くなるでしょう。

    育毛剤を買うのは気恥ずかしいという人も多いとは思いますが、ネットで買うこともできますし、公式サイトからの購入であれば包装に気を使って、外からでは育毛剤だとわからないようにしてくれているところもあります。

    育毛剤の話に戻りますが、闇雲に使えばいいというものではありません。

    前述通り、薄毛にはいくつかの原因があります。育毛剤もその原因に合わせていくつか、種類があるわけです。

    ホルモンに関係するもの、血行を促進するもの、栄養補給をするものと言ったところでしょうか。

    他にも頭皮の皮脂を抑える効果があるものなどもありますが、大きくは上の3つだと考えていいでしょう。

    また、この3つはそれぞれ独立しているわけではなく、栄養補給と血行促進の効果があるもの等、複数の効果を持つものもあります。

    いずれにしても、自分の薄毛の原因に合ったものを使う事が、育毛剤を上手に使うコツの一つになります。

    ホルモンを抑制するもの

    AGAの原因であるジヒドロテストステロンが少なくなれば、薄毛が進行することもないということで、その数を減らそうという育毛剤になります。

    便宜上「ホルモンを抑制」と書いていますが、実際には5αリダクターゼの方を抑制するものになります。

    主な成分としてあげられるのは、フィナステリドやエストラジオール、チョウジエキスなどです。

    特にフィナステリドは、効果が高いとされていますが、その分副作用も強くなっています。

    フィナステリドが配合された薬として、有名なのがプロペシアですが、これは市販されていませんので、市販品でどうにかしようと思ったら、その他の成分が入ったものを選ぶことになるでしょう。

    男性の場合、自分の薄毛の原因がよくわからなかった場合には、男性ホルモンを抑制するような育毛剤を買っておくと良いかもしれません。

    血行を促進するもの

    血行不良による栄養不足を解消することが目的の育毛剤になります。

    血行自体を良くするものと、何らかの原因で収縮してしまっている毛細血管を、拡張させるものとの二種類の成分があるようですが、そこまで細かくは気にしなくてもいいかと思います。

    個人でどちらかを判断するのは、難しいですし。

    ストレス社会ともいわれる昨今、血行不良が原因で薄毛になっているという人も多いかもしれませんね。

    血行不良になると、髪の栄養不足だけではなく、頭皮に老廃物がたまりやすくなってしまいます。

    皮脂と同じように、老廃物は毛穴を塞いでしまう可能性がありますので、育毛的観点から見ても、できるだけ老廃物はない方が良いものです。

    そのため結構の改善は、薄毛治療という点から見ても、大きな意味があるでしょう。

    主な成分としては、ミノキシジル、塩化カルプロニウム、センブリエキスなどです。

    ミノキシジルは、フィナステリドと同じく効果が強い代わりに、副作用も強いものです。

    ミノキシジル配合の育毛剤は市販されていますが、購入するときには、薬剤師からの指導が必要になります。

    「発毛」と言えるほどの効果を現すものですから、薄毛の程度次第では、薬局で聞いてみるといいでしょう。

    栄養を補給するもの

    ここまで散々髪を作るには栄養が必要だという話をしてきました。

    だったら、血行促進なんて回りくどい方法ではなく、直接栄養を与えたらいいじゃないかという育毛剤もあります。

    アミノ酸や、ビタミン類、オウゴンエキス、オトギリソウエキスなどが入った育毛剤がそれにあたります。

    髪を作る毛根に栄養を送り込むわけですから、原因次第ではある程度の効果は見込めると考えてもいいでしょう。

    ただし、ただ育毛剤を使っているだけだと、当然育毛剤の使用をやめた後に薄毛が進行するようになります。

    これはどの育毛剤にも当てはまるものですが、大事なのは原因を何とかすることで、育毛剤は一時しのぎでしかないことは頭に入れておいてください。

    特にAGAが原因の場合、5αリダクターゼを生活改善でどうにかすることは難しいですから、髪を維持し続けようと思ったら長い付き合いになることは覚悟した方が良いでしょう。

    下記に育毛剤の主な成分を表にまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

    成分
    チャップアップトップ画像チャップアップ センブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHC
    イクオストップ画像イクオス 【育毛剤イクオス】
    センブリエキス・グリチルリチン酸2K・ジフェンヒドラミンHCI

    【イクオスサプリEX】
    Lリジン・Lバリン・Lロイシン・Lイソロイシン・Lメチオニン・Lフェニルアラニン・Lトレオニン・Lトリプトファン・Lヒスチジン

    【イクオスブラックシャンプー&トリートメント】
    ビワ葉エキス・オウゴン根エキス・スイゼンジノリ多糖体
    ナノインパクト100トップ画像ナノインパクト100 エチニルエストラジオール、トコフェロール酢酸エステル、センブリ抽出液
    BOSTONスカルプエッセンストップ画像BOSTONスカルプエッセンス 水、エタノール、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、モウソウチクたけのこ皮エキス、アマモエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、グリチルリチン酸2K、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ビオチノイルトリペプチド-1、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PPG-26ブテス-26、メントール、フラーレン、アピゲニオン、オレアノール酸、カンフル、PVP、グリセリン、レシチン、ダイズ油、ラベンダー油、クエン酸、クエン酸Na、リン酸Na
    THE SCALP5.0Cトップ画像THE SCALP5.0C 水、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、オクタペプチド-2、オリゴペプチド-41、金、白金、フムスエキス、カミツレ花エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、クエン酸Na、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、ウスニアバルバタエキス、銀、セルロースガム、炭酸水素Na、ダイズ種子エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、イノシトール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、アラントイン、グリチルリチン酸2K、プラセンタエキス、黒砂糖、酵母発酵エキス、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、アラニン、トレオニン、グルタミン酸、リシン、プロリン、アルギニン
    バイタルウェーブトップ画像バイタルウェーブ キャピキシル、リデンシル、ガゴメフコイダン、モウソウチクたけのこ皮エキス、グリチルリチン酸K2、活性石クレイ、モンモリロナイト、馬プラセンタ、リンゴ幹細胞、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31、センブリエキス、オトギリソウエキス、オタネニンジン根エキス、マグワ根皮エキス、ローヤルゼリーエキス、酸化亜鉛、セイヨウハッカ葉エキス、加水分解シルク、乳酸Na
    フィンジアトップ画像フィンジア キャピキシル、ペディオキシジル、カプサイシン、センブリ、パンテノール、ビワ葉、ボタン、フユボダイジュ花、褐藻、グリチルリチン酸2K、ヒオウギ、キハダ樹皮、ヒキオコシ
    Deeper3Dトップ画像Deeper3D 水、エタノール、BG、グリセリン、エトキシジグリコール、ベンチレングリコール、アセチルテトラペプチドー3、アカツメクサ花エキス、プ ラセンタエキス、ヒトオリゴベプチドー5、合成遺伝子組換ヒトボリペプチドー31、トリペプチドー1銅、オクタペプチドー2、アセチル デカペプチドー3、ヒトオリゴペプチドー13、加水分解アナツバメ巣工キス、アボカド油脂肪酸ブチル、リンゴ果実培養細胞工キス、グル コン酸亜鉛、セイヨウアカマツ球果工キス、チャ葉工キス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛、水溶性プロテオグリカン、ビオチン、ヒアル ロン酸Na、シアノコバラミン、グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸、二コチン酸トコフェロール、ナイアシンアミド、パンテニルエ チル、グルコシルヘスペリジン、イラクサ根エキス、イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ヒボファエラムノイデス種子油、マグワ 根皮工キス、グアパ葉工キス、ゲンチアナ根茎/根工キス、ケンフェリアパルビフロラ根茎工キス、プテロカルプスマルスピウム樹皮工キ ス、ビワ葉工キス、キダチアロ工葉工キス、センプリ工キス、ベルゲ二アリグラタ根工キス、プエラリアミリフィカ根工キス、トウガラシ工 キス、グルタミン酸、キサンタンガム、ソルビトール、デキストラン、レシチン、ユズ果皮油、スペアミント油、メントール、プロパンジオー ル、PEGー40水添ヒマシ油、クエン酸Na、コハク酸2Na、没食子酸プロピル、フェノキシエタノール
    BUBKA(ブブカ)BUBKA(ブブカ) センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、クジン抽出液、酢酸DL-α-トコフェロール その他の成分:海藻エキス(1)、海藻エキス(4)、海藻エキス(5)、ビワ葉エキス、オウゴンエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ニンジンエキス、ホップエキス、オウバクエキス、スイカズラエキス、クワエキス、アルテアエキス、シソエキス(1)、タイムエキス(2)、L-ピロリドンカルボン酸、L-アルギニン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、水酸化ナトリウム、グリシン、L-アラニン、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-スレオニン、L-イソロイシン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、チョウジエキス、サンショウエキス、カモミラエキス(1)、セージエキス、加水分解コラーゲン末、アシタバエキス、シャクヤクエキス、マロニエエキス、ダイズエキス、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、乳酸ナトリウム液、精製水、水素添加大豆リン脂質、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、1,2-ペンタンジオール、D-パントテニルアルコール、ラウリルジメチルアミンオキシド液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、天然ビタミンE、クエン酸ナトリウム、無水クエン酸、無水エタノール、エタノール、フェノキシエタノール
    薬用ポリピュアEXトップ画像薬用ポリピュアEX

    育毛剤の使用方法

    育毛剤の種類や有効成分が分かったら、次は使用方法です。基本的にどの育毛剤も使い方は同じですが、プッシュする回数や使用頻度が異なる場合があります。

    間違った使い方をしないためにも、下記の表を参考にして下さい。

    使用方法
    チャップアップトップ画像チャップアップ 洗髪後約30回プッシュした量(約4ml)が1回の推奨使用料
    イクオストップ画像イクオス 気になる部分にダイレクトに噴射、塗布
    ナノインパクト100トップ画像ナノインパクト100 1日2回気になる部分に塗布
    BOSTONスカルプエッセンストップ画像BOSTONスカルプエッセンス
    THE SCALP5.0Cトップ画像THE SCALP5.0C 1ヶ月で1本を使うペースで使用
    バイタルウェーブトップ画像バイタルウェーブ 1回1mlを朝・晩の2回(1日2ml)頭皮に塗布
    フィンジアトップ画像フィンジア 気になる箇所へ5~10プッシュ。朝・夜2回使用
    Deeper3Dトップ画像Deeper3D 1日2回、1回1mlを目安に頭皮に塗布
    BUBKA(ブブカ)BUBKA(ブブカ)
    薬用ポリピュアEXトップ画像薬用ポリピュアEX 合計20~30プッシュを目安に優しくすり込みます

    育毛剤の形状

    育毛剤と言えば、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。

    液体タイプで、頭に直接塗り込むものを想像する人が多いかもしれませんね。

    ですが、育毛剤には飲み薬もありますし、塗り薬だとしてもジェルタイプかリキッドタイプ、ミストタイプに分けることが出来ます。

    飲み薬はすでに紹介しました、フィナステリドが主成分のプロペシアや、ミノキシジルが主成分のミノキシジルタブレットなどです。

    これらは病院で処方してもらうか、また別の方法を使うかで、薄毛治療で病院やクリニックに行っている人以外は、手にすることはないと考えていいでしょう。

    むしろ、医師の指導なしにこれらを、服用することは危険ですからやめた方が良いです。

    塗るというかは微妙なところですが、ミストタイプの育毛剤は、気になる部分に直接吹きかけて使うことになります。

    ノズルを押してシュッシュとするだけですから、手間がかかりません。

    また浸透力が高く、成分をしっかりと毛根まで届けてくれるうえ、肌への刺激が少ないのが特徴です。

    ジェルタイプは気になるところに塗布した後、他の薬に比べてべたついてしまうかもしれません。

    あまり心地がいいものではないと思いますが、ベタつきは保湿しているとも言えますから、頭皮が乾燥しやすい人には効果的なタイプの育毛剤です。

    それに成分がずっと頭皮に留まるということは、浸透するまで残り続けるということになります。

    リキッドタイプは、ジェルタイプ程ベタつかず、使用感はいいでしょう。

    ですが、その分蒸発する恐れもあり、成分が十分に浸透しないかもしれません。

    ベタつくのが嫌だからとリキッドタイプを選ぶときには、浸透力にどれだけ力を入れているのかを確認しておきたいところです。

    男性性脱毛症の特徴

    AGAはジヒドロテストステロンが原因だという話はしましたが、薄くなっていく過程でも特徴があります。

    まず進行がゆっくりで、なかなか発症に気が付かない事です。

    ある日、いきなり抜け毛が酷くなったというようなことがなく、気が付いたら進行していることがあります。

    自分で気が付かずに、周りに人に教えてもらったとか、昔の写真と今の写真を見比べたら髪が薄くなっていたといった気が付き方をする人も、少なくないでしょう。

    それから、ジヒドロテストステロンの受容体があるということで、頭頂部や額の生え際から薄くなっていきます。

    いわゆるO型薄毛やM字型薄毛の場合は、AGAの大きな特徴だと言っていいでしょう。

    逆に側頭部や後頭部が薄くなってきたと感じた場合、AGAとは別の原因が考えられます。

    それこそ、血行不良であったり、栄養不足であったりなどですね。

    ただし、これらが原因の場合には、髪全体が薄くなっていくはずですから、洗い残しやすすぎが足りずにシャンプーが頭に残っているといった感じでしょうか。

    気になった場合には、すぐに皮膚科に行くというのも、お勧めです。

    薄毛の原因は病気の可能性も?

    薄毛の原因として、ある意味自分ではどうしようもないものとして、病気で毛が抜けるということが考えられます。

    この場合、いくら生活習慣を変えようが、育毛剤を使おうが、その原因となる病気を治さない事には意味がないです。

    AGAとは脱毛の仕方が違うもので、特徴的なのが円形脱毛症です。

    突然、円形や楕円形の脱毛班が生じるものですが、これが見られた場合には、体内アレルギーの合併などによる自己免疫異常などが考えられますので、個人で何かするよりも、病院で診てもらった方が良いです。

    他にも薄毛の原因となりうるものとしては、甲状腺機能が低下した場合や、肝硬変などでの肝臓の機能障害、糖尿病などでしょうか。

    病的脱毛症は急速に脱毛しますから、ある日を境に明らかに抜け毛増えたとか、急に髪が薄くなったといった場合には、病院で検査をしてもらってください。

    薬の副作用で髪が抜けるということもありますが、その場合でも病院に相談した方が良いでしょう。

    仮にAGAだったとしても、発症後出来るだけ早く対策することが望まれますから、薄毛かなと感じた場合、目を背けずに対策するようにしてください。

    育毛剤と金額

    何を使うにしても、金額というのは決して無視できる要因ではありませんよね。

    では育毛剤はどれくらいの値段になるのかですが、値段の幅があります。

    安いものだと数千円から、高いものだと2万円弱くらいまでだと考えてくれたらいいでしょうか。

    ランキングの上位を見てみても、2か月分で5000~10000円のようなものもあれば、1か月分で10000円程度というものもあります。

    つまりコスパが良いものを買おうと思ったら、1年間に3万円程度で、高めのものを選んだとしても1年間に12万円あればいいでしょう。

    育毛剤は1か月2か月使ったからと言って効果が出るようなものではありませんから、自分の経済状況に合ったものを買うことをお勧めします。

    ただ安いものに関して、安くてもいいものがあると同時に、安いなりの効果しかないものもあるようです。

    安くするために努力をしているのか、それとも単純に適性の値段だから安いのかといった違いだとは思いますが、後者の場合アルコールや水などを多量に入れて、成分を薄めている可能性があります。

    特にアルコールに関しては、人によっては炎症を起こす原因にもなり、育毛剤のせいで薄毛になるという本末転倒な状況になりかねません。

    自分は肌が弱いとか、アルコールに非常に弱いといった場合には、成分を優先して選んだ方が良いでしょう。

    そういった人の場合、女性も使えるような、男女兼用の育毛剤を試してみるといいかもしれません。

    病院でプロペシアなどを処方してもらう場合ですが、薬代金が7000~10000円程度で、さらに診察料などかかることになります。

    ただ薄毛治療は保険適応外だということもあるのか、各クリニックや病院で値段が大きく異なるため、安いところだと初回5000円以下で薬をもらえるところもあるようです。

    しかし安さに釣られてしまうと、痛い目を見てしまうかもしれませんので、前もって行こうとしている病院・クリニックは調べておくようにしてください。

    育毛剤の金額比較ランキング

    育毛剤の料金を比較してランキング形式でまとめてみました。
    ぜひ購入の際の参考にして下さい。

    商品名 通常価格 定期価格 送料
    チャップアップトップ画像チャップアップ 育毛ローション 7400円 日本全国660円(沖縄県、離島にお住いの方は送料の他に中継手数料1365円)
    育毛ローション2本 13800円
    チャップアップシャンプー 4180円
    サプリメント 5960円
    チャップアップシャンプー+育毛ローション 10480円
    チャップアップシャンプー2本+育毛ローション2本 18800円
    【即定期便】
    育毛ローション+サプリメント
    20760円 9090円
    【プラチナ】
    育毛ローション+チャップアップシャンプー
    18980円 8880円
    【プレミアム】
    育毛ローション+チャップアップシャンプー+サプリメント
    18980円 12370円
    【超即定期便】
    育毛ローション2本+サプリメント
    35560円 13840円
    ナノインパクト100トップ画像ナノインパクト100 薬用ナノインパクト100 7560円 7560円 全国一律500円(定期or10,000円以上で送料無料)※北海道・沖縄・離島等一部の地域では、送料の一部をお客様にご負担いただく場合がございます。
    薬用ポリピュアEXトップ画像薬用ポリピュアEX ポリピュアEX 7800円 6800円 650円(定期は無料)
    イクオストップ画像イクオス 育毛剤イクオス 8980円 5980円 全国一律630円(沖縄県、離島にお住いの方は送料の他に中継手数料1300円)/定期コースで購入いただいた場合、1度に2本以上ご注文いただいた場合につきましては送料無料
    育毛剤イクオス3本セット 21800円
    育毛剤イクオス+イクオスサプリEXセット 10980円 6980円
    育毛剤イクオス+イクオスサプリEX3セット購入 27800円
    イクオスサプリEX 6980円 4380円
    イクオスサプリEX3本セット 17800円
    イクオスサプリEX6本セット 26800円
    イクオスブラックシャンプー&トリートメントセット 7980円 5480円
    イクオスブラックシャンプー&トリートメントセット3本セット 19380円
    バイタルウェーブトップ画像バイタルウェーブ バイタルウェーブスカルプローション 11880円 8200円
    3回目以降8080円
    7回目以降7980円
    全国一律550円(定期or3,500円以上は無料)
    フィンジアトップ画像フィンジア フィンジア 12800円 9980円 640円(定期お届けコース・3本まとめ買いの方は全国一律送料無料)
    BOSTONスカルプエッセンストップ画像BOSTONスカルプエッセンス Growth Project. BOSTON スカルプエッセンス 14800円 初回7800円
    2回目~12800円
    送料600円(10,800円以上or定期配送は無料)
    Deeper3Dトップ画像Deeper3D モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D 14850円 2本目13360円 全国一律 ¥540(4980円以上のお買上げで送料無料)
    THE SCALP5.0Cトップ画像THE SCALP5.0C THE SCALP5.0C 15000円 10000円
    4~7回目9500円
    8~11回目9000円
    12回目~8500円
    全国一律540円 定期の場合無料
    BUBKA(ブブカ)BUBKA(ブブカ) BUBKA 16200円 2回目~11664円 全国一律 648円(定期or5000円以上無料)

    育毛剤はどこで買うべきか

    安全で且つより高い効果を期待できると考えた場合には、クリニックや病院に行って飲み薬をもらうことだとは思います。
    しかしその場合、薬代以外にもお金がかかるうえに、多くの時間を取ってしまうことになるでしょう。移動時間も考えると、半日はかかるという人もいるのではないでしょうか。
    そこで、市販の育毛剤を買うものとして、考えていきます。

    その方法として考えられるのが、店頭で買うか、大手の通販サイトで買うか、公式サイトを通じて買うかになるでしょう。
    まず店頭で買う場合ですが、大手メーカーの商品が多いのではないでしょうか。
    特に大手メーカーの場合、問題があれば信用に大きく傷がつく関係上、安全性は高いと考えられます。

    ただし、安全性が高い=効果が高いというわけではないため、勘違いしないようにしたいですね。
    同じように大手メーカーだから、効果が高いというのも違います。
    むしろ大手メーカーは宣伝費などにお金を使う為、研究開発では人気育毛剤を販売しているところには勝てないという話もあるそうです。

    店頭販売におけるメリットは、すぐに商品が手元に来ることと、実際の商品を見ることが出来る点でしょう。
    デメリットとしては、買っているところを誰かに見られる可能性があるところです。
    店頭で買う場合には、先ほどの大手メーカーの話も踏まえたうえで買うようにしてください。

    続いて大手通販サイトについてです。
    大手通販サイトには、たくさんの育毛剤があり、その種類は店頭で売られているものとは比較にならないでしょう。
    種類が多い=選択肢が多いということで、メリットの1つと言えそうです。

    ただし人気商品の場合には、在庫切れの可能性があり、手にするまでに時間がかかることもあります。育毛剤は長期間使うものですから、使っている途中で在庫切れになると困ったことになるため注意してください。
    買えなかったからと、その月だけ別の育毛剤を使うのはあまりお勧めできません。

    公式サイトで買う場合、悪徳業者がいないとも限りません。
    特に公式サイトの場合、自社の宣伝ばかりで客観的な意見が見られないのが難点です。
    しかし多くの会社が販売しているため、大手通販サイトにはない育毛剤も見つけることが出来るかもしれません。

    また悪徳業者ではなく、販売をネットで一本化している企業の場合、宣伝広告費や人件費と言った諸費用をすべて研究開発費に回していることが多く、より新しく、効果があると言われている成分が入った育毛剤を購入することが出来ます。
    また公式サイトで、定期購入をすれば、在庫切れになる可能性は大手通販サイトと比べると格段に下がりますし、定期購入をすると値段が一気に安くなるところも少なくありません。

    大手通販サイトでは「育毛剤」と検索をかければ、たくさんの育毛剤を見ることが出来ると同時に、レビューを見ることが出来ますから、まずはそういったところで情報を集めてから、公式サイトで購入することがお勧めです。
    たかが育毛剤に慎重になりすぎと感じる方もいるかと思いますが、自分の肌に直接つけるものですから、やりすぎということもないでしょう。

    あなたに合った育毛剤の選び方とは?原因別育毛剤ランキングと口コミまとめ

    男性の薄毛にはさまざまな要因があるため、男性用育毛剤選びはあなたの状態に合ったものを選ぶことが大切です。ここでは、薄毛の原因に注目して、どの育毛剤が最適なのかをランキングで紹介します。

    また、実際に育毛剤を使用した男性のリアルな口コミも紹介しています。あなたと同じタイプの男性たちが、どのような効果を感じたのか、ぜひ参考にしてみてください。

    男性型脱毛症かも?と思ったら試したいランキング1位:BUBKAの口コミ

    BUBKA
    BUBKA
    BUBKAの特徴
    男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが変化してジヒドロテストステロンになってしまうことで起こります。

    変化する原因は、5αリダクターゼという酵素にあります。テストステロンそのものは男性にとって重要なホルモンですから、抑制するべきは5αリダクターゼということになります。

    BUBKAには5αリダクターゼを抑制する効果のあるオウゴンエキスを高濃度で配合しています。また、有効成分をミセル化(極小化)しているので、毛穴の奥までしっかり浸透します。

    そのため、ヘアサイクルを正常に戻し、薄毛を改善する効果が期待できます。

    BUBKAの口コミ
    【30代後半】

    ■何を試しても効果がなかった薄毛が改善してきた!
    ハゲているというよりは、どことなく薄い…というタイプです。今までいろいろな育毛剤を使用しましたが、まるで効果なし。BUBKAは口コミの評価が高かったので、駄目もとで試しましたが、少しずつボリュームが!

    【40代前半】

    ■シャンプーやサプリとの併用で効果が高まりそうな予感
    ほかの育毛剤と比較すると、かなり値段が高い商品ですよね。正直不安でしたが、初回はわりと安く買えるので試しに購入しました。シャンプーやサプリメントもセットになっているので、育毛剤単体で使用するよりも効果が期待できそうだと思います。

    【20代後半】

    ■病院での治療を考えていた頭髪に変化が!
    病院での薄毛治療を考えていましたが、口コミを見てBUBKAを購入しました。その結果、頭皮が柔らかくなり、髪質も改善されました。生え際や頭頂部にも少しずつ産毛が増えています。BUBKAは、病院に行く前の最後の育毛剤として体験してみる価値あり!

    初めて育毛剤を買うときにおすすめランキング1位:チャップアップの口コミ

    チャップアップ
    チャップアップ
    チャップアップの特徴
    自分の薄毛の原因がはっきりわからない場合も多いのではないでしょうか?また、複数の要因が混ざり合うことで抜け毛の症状が出ている可能性もあります。

    チャップアップには約80種類もの成分が配合されており、あらゆる方向から薄毛にアプローチする育毛剤です。また、無添加・無香料なのも魅力の1つ。安全性を確認するテストを3つもおこない、安心な商品を開発しています。

    チャップアップは、薄毛の原因が特定できていない方・敏感肌の方におすすめです。また、20代~30代の方が育毛剤デビューをするのにも最適です。

    BUBKAの口コミ
    【20代後半】

    ■肌トラブルもなく抜け毛が減った
    市販の育毛剤を使っていたときは頭頂部にニキビができたのですぐに使用を中止しました。チャップアップは使用してもう6ヶ月以上経ちますが、頭皮に異常を感じたことはありません。使い続けてみて、抜け毛が減った実感があります。

    【30代前半】

    ■予防のために使ったら以前よりボリュームが出た
    以前使っていた育毛剤と比較すると、効果があると思います。30歳を過ぎてから抜け毛が気になり始め、ハゲ予防のために使い始めましたが、以前よりボリュームが出てきたと感じます。本格的な薄毛ではなくても、30歳超えたら予防したほうが良いと思いますよ!

    【20代後半】

    ■手間がかからず短時間ですぐ終わるから続けられる
    かなり前に、別の育毛剤を購入したのですが、使い方が難しい上に時間がかかるので無駄にしてしまいました。それと比較すると、チャップアップはかなり簡単です。1日1回、ドライヤー後に塗布して軽くマッサージするだけですから、僕でも続けられています。

    すぐに効果を実感したい男性におすすめランキング1位:イクオスの口コミ

    イクオス
    イクオス
    イクオスの特徴
    ヘアサイクルとは、成長期・退行期・休止期を繰り返して髪が抜けたり生えたりする周期のことを言います。髪の成長が止まるまでの期間を退行期、成長が止まって新たに生え始めるまでが休止期です。

    休止期の期間は3~6ヶ月ほどが目安とされています。つまり、育毛剤の効果は少なくとも6ヶ月は使ってみなければわからないということです。

    しかし、イクオスは即効性があると口コミで話題になり、実際に78%が3ヶ月以内に効果を実感しているというデータもあります。

    イクオスの口コミ
    【20代前半】

    ■自然由来の海藻エキス配合だから敏感肌でも安心
    今まで育毛剤を使ったことがないので、ほかと比較してどうかはわかりませんが、個人的には大満足です。あまり肌が丈夫ではないのですが、3種類の海藻エキスが配合されていて、すべて自然由来だから副作用の心配も少なく、安心して使えました。

    【30代前半】

    ■2ヶ月で頭皮環境が改善
    ひどい脂性肌で、朝晩シャンプーしてもべたつくのが悩みでした。生え際が寂しくなってきたこともあり、口コミでべたつかないと人気だったイクオスを申し込みました。まだ2ヶ月ですが、以前までと比較すると明らかに頭皮がサラサラでサッパリしています。まだ薄毛対策効果はわかりませんが、この調子なら期待できそう!

    【30代前半】

    ■いつでも休止・解約できるから試しやすい
    イクオスと比較して迷っていた育毛剤があったのですが、イクオスのコスパに惹かれて購入しました。でも、イクオスを買うなら定期便にしたほうがお得です。いつでも休止や解約ができるので、とりあえず試してみてもリスクはないと思います。

    基本は自分の原因を知る事

    薄毛になったから、また育毛剤を試しているのに改善されないからと言って、諦める必要はありません。
    まずは自分がなぜ薄毛になったのか、その原因を知ることが大事になります。
    原因を知った後は、自分の体質にも合わせて、効果的な対策はどのようなものかを考えましょう。

    どうしても方法が思いつかない時や、薄毛が進行してしまっているときには、専門病院やクリニックに行くことも大事です。
    逆に薄毛治療が恥ずかしいからと何もしないというのは、ただただ薄毛を進行させるだけなので、止めましょう。

    育毛剤の最新情報をお届けします

    育毛業界では次々と新商品が発売されていますが、その中でも注目の育毛剤が世界初溶解型マイクロニードルを使った新コンセプト育毛剤である「 fa:sa(ファーサ)」です。そんな育毛剤の特徴、新しい育毛方法について、配合成分や効果について紹介しています。

    fa:sa(ファーサ)の特徴

    6月15日コスメディ製薬株式会社から発売される fa:sa(ファーサ)はヒアルロン酸マイクロニードル タラソテラピーの概念により開発された育毛剤です。

    fa:saの特徴はヒアルロン酸で出来た頭皮の中で溶ける針マイクロニードルを採用している点で、従来の商品より浸透力を高め、育毛、養毛効果がアップしています。

    また育毛成分にはタラソテラピーの概念により開発された「海の恵み」がたっぷりと含まれていて、トンガ王国産天然モズクエキスより抽出した「フコイダン」が頭皮に潤いを与え育毛環境を改善する効果が期待出来ます。

    新しい育毛方法のマイクロニードルとは

    fa:sahマイクロニードル(スキャルプパッチ)を頭皮に貼って、角質層の内部に有効成分を浸透させることが出来るのが魅力と言えます。育毛トニックには、フコイダンなどの海藻エキスを配合しマイクロニードルと育毛トニックを併用することにより頭皮の内側と外側の両方からアプローチすることが可能です。

    マイクロニードルとは育毛成分、美容成分を微細な針に結晶化したモノです。そしてマイクロニードルにより皮膚への浸透力を飛躍的に高めることに成功しています。

    fa:sa スキャルプパッチには育毛成分を含んだヒアルロン酸を結晶化した高さ200ミクロン程の富士山の型をしたマイクロニードルが500本程並んでいて、頭皮に貼ることで角質層の水分によりマイクロニードルが溶けて有効成分が頭皮に浸透していきます。マイクロニードルはヒアルロン酸で作られているので皮膚内部で溶解するので安全性にも問題はありません。
     

    海の恵みとは

    fa:sa 育毛トニックには髪の毛母細胞、成長因子に働きかける作用があるフコイダンを豊富に含んだ海の恵みにプラスして育毛有効成分として抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウム、脱毛抑制作用があるセンブリ抽出液、血行促進作用があるニンジンエキスが配合されています。これらの成分により性別問わず薄毛の原因を改善し健康的な頭皮を目指し発毛促進効果が期待できます。

育毛剤は何歳から使っていいのか

薄毛育毛悩み男性編

市販の風邪薬などを見てもらうとわかると思いますが、年齢によって飲む量が変わります。 同じように、年齢によっては使ってはいけない薬もあるわけです。 特に未成年の場合には、身体が出来上がっていないこともあり、成長に悪影響を与・・・

ページの先頭へ