頭髪画像

世の中には様々なものがありますが、その多くが使い方次第という側面を持っています。
薬でも似たようなことがあり、元々高血圧の薬だったものが、発毛に効果があるとされ発毛剤として認められた例もあるのです。
とはいえ、素人だと考えて使うと痛い目を見ることもあります。特に異常がない人が、髪を早く伸ばしたいからと、育毛剤を使ってもいいのでしょうか。

健康な人が使ってもいいのか

育毛剤と言っても、毛根に栄養を与えるものや、頭皮の血行を促進するもの、ホルモンに関係する効果のものがあるが、健康な人が使ったからと言って特に問題になることはありません。
薄毛ではない人が使っても、毛根に栄養を与えたり、血行を促進したりといった効果でしかないからですね。
これらが、身体に悪影響を及ぼすことはないでしょう。

ホルモンに関係するものとはいっても、男性ホルモン(テストステロン)を脱毛ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変える酵素(5αリダクターゼ)を抑えるだけですから、害にはなりません。
万が一、異性のホルモンを医師の指導もなく、身体に取り入れてしまうと性機能に障害が出るなど、取り返しのつかない状態になる可能性はあります。
ですが、そういったホルモンが入っている育毛剤は、まず市販されていません。

女性ホルモンが入っていると謳っている育毛剤もあるそうなのですが、買わない方が良いです。
代わりにイソフラボンなど、女性ホルモンと同じ働きをする成分が入ったものを購入しましょう。
ここまで見ると、使っても大丈夫と受け取られるかもしれませんが、育毛剤にはアルコール類が使われていることが多く、その刺激により頭皮環境を悪化させる可能性はあります。

ですから、使うとしても刺激が弱いものを選んで、使った方が良いでしょう。
病院で処方されるような飲み薬となると話は別で、副作用の危険性が増すため、飲まないようにしてください。

髪が伸びる早さは変化するの?

髪が早く伸びるのではないかなと、育毛剤を使っている人もいるようですが、基本的には早くはならないでしょう。
育毛剤は髪を伸ばすためのものではなく、悪くなった血行を良くしたり、足りなかった栄養を補給したりして、頭皮環境を正常に近づけるものです。
そのため頭皮環境に悪い部分があり、知らず知らずのうちに髪の成長を阻害しているのだとしたら、髪が早く伸びるかもしれません。

髪が伸びる速さはヘアサイクルに依存しているため、ヘアサイクルの中で伸びる以上の速さを出すことはできないでしょう。

薄毛予防になるのか

薄毛ではない人が育毛剤を使う理由として、薄毛予防のためというのが考えられます。
予防のために育毛剤を使うことは、間違いではありません。
頭皮環境を整えてくれる育毛剤を使うことで、頭皮環境が悪化することによる薄毛は防ぐことが出来ますし、5αリダクターゼを早いうちから抑制してれば、発症を遅らせることもできるでしょう。
薄毛対策としてだけではなく、毛根がしっかりするため太くてコシのある髪にもしてくれます。

ただし肌に刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。
例えばアルコール類の比率が少ないとか、添加物を使っていないかなどですね。
刺激が強いと、頭皮にダメージを与えてしまいますから、環境を良くするどころか、悪化させるかもしれません。

育毛効果もそれほど高いものが必要ではないはずですから、効果が緩やかでも、安全性に重きを置いたものを購入してください。
また、育毛剤だけに予防を任せず、普段の生活から、健康的なものになるように変えていくことも予防には大事なことになります。

予防には予防に向いたものがある

育毛剤の種類はたくさんあり、どれを選ぶか迷ってしまうと思います。
そこで、しっかりと考えてほしいのは、なぜ使いたいかを考える事です。
予防目的であれば、それに合った育毛剤がありますし、すでに薄毛になっているのであれば、効果が高いものの方が良いでしょう。

薄毛の進行具によって、育毛剤では対処できないものもありますから、気を付けてください。