疑問を持つ男女の画像

育毛剤を使いたいけれど、自分で育毛剤を買って使うのを見られるのは恥ずかしいと感じる女性は多いのではないでしょうか。カムフラージュするために、男性用を買ったり、家族が使っているものをこっそり借りてみたりとやっている人もいるでしょう。
しかし、育毛剤には男性用と女性用、男女兼用と分けられていて、それにはちゃんと意味があるのです。

同じような発毛効果のものが多い

分けられている意味があると言いましたが、効果自体は似たようなものは多いです。
例えばすべてにとは言いませんが男性用でも、女性用でも、血行促進や栄養補給を行う成分が入っている事でしょう。
血行不良や栄養不足は、薄毛の原因になり、そこに男女の差はありませんから、男女で同じ部分は効果が重複しています。

そのため、女性が男性用を、男性が女性用を使ったとしても、全く効果がないわけではありません。
中には、男性用の育毛剤で薄毛が解消された、という女性もいます。
だからと言って、男性用の育毛剤を女性が使うというのは、お勧めできません。

たまたま何事もなく育毛できる女性もいますが、育毛するどころか逆に、抜け毛を促進させてしまうかもしれないからです。

配合されている成分から見る違い

同じような効果もありますが、違う部分もあります。
市販の育毛剤に入っていることがまずないとは思いますが、薄毛に効果があると言われている成分にフィナステリドがあります。
男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変えられることで、男性の薄毛は進行するとされていますが、フィナステリドはこの5αリダクターゼを抑制する効果があります。

効果が高く、国からも認められていますが、副作用も強いというデメリットがあります。
例えば、妊娠中の女性が摂取すると、胎児に悪影響を及ぼします。
こういったわけで、女性用の育毛剤にはまずフィナステリドは入りません。

フィナステリドほど強力ではないにしても、5αリダクターゼを抑制する成分が、多くの男性用の育毛剤には入っています。
男女兼用のものにも入っていますから、女性が使ってはいけないという事はないと思いますが、女性にとっては不要な成分です。
育毛剤がその成分によって薄められていると考えると、女性が使った場合コストと効果が釣り合わないでしょう。

女性であっても、ジヒドロテストステロンが原因で薄毛になる人がいますが、そもそもテストステロンが少ないため、男性用ほどの効果は必要ありません。
女性用だとこういった成分の代わりに、血行促進や栄養補給などで、頭皮環境の改善に力を入れた成分が入っています。

その他の異なるポイント

今まで話してきたことも、商品次第という面はあります。
これから話すものも、商品によっては当てはまらない部分がありますが、全体として、女性用の方が値段が安いです。
女性用だと5000円以下でも、いくつもの商品の中から選べますし、その中にはランキングで上位に入るような人気商品もあります。

ですが、男性用で同じくらい選べるようになるには、1万円以下と言ったところでしょう。
それから、女性の方が肌が敏感ですから、より低刺激に拘っています。
無添加無香料という商品をよく見かけますし、中にはアルコールフリーというものまであります。
アルコール類は、成分を混ぜるうえでも、頭皮に浸透しやすくするうえでもプラスに働きますが、反面頭皮に対する刺激も強く、人によっては炎症などを起こして逆効果になることもあります。

アルコールフリーでなかったとしても、一般的に男性用の育毛剤にはアルコール類が50~70%入っていると言われている中、女性用は20~30%ほどです。
それから、パッケージに関しても、女性用の方が育毛剤であることがわかりにくくしているものが多いですね。

性別に合わせて育毛剤選びを

男性用と女性用に分けているのにはちゃんと意味があります。
それを無視して使ってしまうと、返って薄毛を進行させるだけという事にもなりますから、理由はともかく性別に合わせて育毛剤を買うようにしましょう。
どうしてもという場合には、男女兼用を買うという方法もあります。