配送トラックと女性

インターネットが発展して、生活もかなり便利になりました。
かつては個人で海外の商品を買うことは難しかったのが、現在では簡単に行えるようになったのも、インターネットのおかげだと言えます。
育毛剤や発毛剤も、購入することが出来るのですが、どのようにすればいいのでしょうか。

個人輸入とは何か

個人輸入とはその名前の通り、個人が海外の商品を取り寄せる(輸入する)ことです。
日本国内で買えば、早ければその日のうちに届くこともありますが、個人輸入の場合海を渡ってきますから、手元に届くまでにそれなりの時間がかかります。
それでも、わざわざ輸入する意味は、同じものであっても海外の方が安いことがある事や海外でしか手に入らないものがあるからです。

特に医薬品の輸入の場合、一定の条件下であれば、薬監証明といった手続きが不要になりますから、幾分輸入しやすくなっています。
医薬品や化粧品の場合、個人輸入代行サイトなどがあり、ネット通販をするような形で個人輸入をすることもできます。

発毛剤・育毛剤を輸入するメリット

まず効果の高いものを安く買うことが出来る事です。
日本で作られていないもの購入できますから、選択肢の幅はさらに広がるでしょう。
日本で作られているものでも、処方せん薬と言って病院で処方されないと本来手に入れることが出来ないものでも、個人輸入であれば輸入することが可能です。

例えばプロペシアという薬をご存知でしょうか。薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑える飲み薬なのですが、効果は高いものの副作用の危険も高いため、処方せん薬になっているようです。
こういった薬も、病院に行かずして、家でポチっとするだけ購入することが出来ます。
しかもプロペシアを日本で手に入れる場合、1か月分7500円ほどかかるとされていますが、個人輸入だと4000~5000円で購入することが出来ます。

プロペシアに限らず、一般的な育毛剤は医薬部外品に当たるため、輸入をするときには薬監証明を行う必要があるのですが、前述通り個人輸入であれば不要になります。

個人輸入はおすすめしません

ここまでの説明だと、個人輸入は時間はかかるものの、安く・効果の高いものを手に入れられる良いもののように感じる事でしょう。
しかし、実際のところはお勧めできません。
日本で処方せん薬になっているという事は、それだけ重篤な副作用が出るかもしれないからです。

それを何も知らない素人が、医師の指導もなしに使用したら、最悪の事態にも繋がりかねません。
そもそもなぜ個人輸入で手続きが不要になっているのかと言えば、海外の病院で治療を受けていた人が、日本に帰ってきた後も、その病院で使われていた薬を輸入しやすくするためです。
それに、個人輸入で起こった不利益は、基本的に自己責任です。

輸入した育毛剤を使って、頭皮が炎症を起こし、抜け毛が増えたとしても自分の責任です。
炎症ぐらいならいいかもしれませんが、プロペシアを妊婦が摂取してしまうと、胎児に影響を与えてしまいますから、笑い事では済まなくなります。
もしも個人輸入した薬を使いたいというのであれば、薬の知識をしっかり学んで、自分の体質にも詳しくなる必要があるでしょう。

もしくは、医師に「使っても大丈夫か」と相談してから使った方が良いです。

自分の体に使うものだから選び方は慎重に

仮に自己責任ではなかったとしても、副作用が出て体調に異変が生じるのは自分自身です。
自分の責任じゃなかったとしても、重大な後遺症が残る場合もありますし、個人輸入の場合自分の責任になりますから、使うとしても慎重になるようにしてください。