個人輸入に関して悩む男性

育毛剤を買うにあたって、効果が高く、値段も安いものがあったら、それに手を出したくなるのではないでしょうか。
表向き、そんな夢のような薬を買うことが出来るのが、個人輸入です。
しかしその裏には、大きなリスクもはらんでいますから、使うにしてもその特性をよく理解したうえで使うようにして下さい。

個人輸入とは?

個人輸入とは、その字面通り一個人が、何かしらの商品を輸入することです。
育毛剤だと多くの場合、医薬品か医薬部外品に当たりますから、薬を輸入することだと考えていいでしょう。
薬を輸入するためには、本来薬監証明と言って、営業のための輸入ではなく個人で使うための輸入であるといったことを認めてもらう必要があるのですが、個人輸入だと条件付きで、手続きがとても楽になります。

輸入をする際に、海外の企業に自分で連絡をして、ということを想像している人もいるかもしれませんが、現在では個人輸入を代行してくれるサイトがあり、日本語で商品の説明などを見てから買うことが出来ます。
感覚としては、ネット通販とあまり変わらないのではないでしょうか。
そもそも、個人での薬の輸入が手軽にできるのかと言われたら、「海外で処方してもらっていた薬を、日本に戻ってきてからも簡単に使い続けることが出来るように」です。

わざわざ個人輸入をするメリット

大きく分けると2つあり、1つは金額的に日本のものよりも安いからです。
日本では7000円程度するような薬であっても、個人輸入なら3000円くらいで手に入れることもありますし、日本では販売していないジェネリック医薬品も買うことが出来ます。
ジェネリック医薬品とは、簡単に言うと同じ成分を使った安い薬と言ったところでしょうか。

正確には配分が違いますし、効果も100%同じにしなくても良いため、何でもジェネリックにしてもいいと言わけではありませんが。
それから、もう1つのメリットとしてあげられるのが、買うことが出来る薬の種類の豊富さです。
もっと言ってしまえば、日本では市販されていない薬であっても、個人輸入では買うことが出来ます。

育毛剤を例に挙げるなら、フィナステリドやミノキシジルが配合されたものですね。
フィナステリドが主成分のプロペシア、ミノキシジルが主成分のミノキシジルタブレットと言った飲み薬も、個人輸入なら購入することが出来ます。
日本だと病院やクリニックでの処方が必要です。

実はミノキシジルが入った液体の育毛剤もあるのですが、それを購入するには、薬剤師か医師の指導が必要になります。

個人輸入は非推奨

ここまで肯定的な話のように見えたかもしれませんが、個人輸入はしない方が良いです。
そもそも、個人輸入は「海外で医師に処方」されたことを想定しているみたいですから、輸入する薬については、すでに服用したことがあるはずです。
そのためか、基本的にすべて自己責任になります。

購入した薬を使用して、重大な副作用が出たとしても、「副作用があるなんて知らなかった」は通じません。
そもそも、副作用が出た時点で、不利益を被っていますが、前もってどのような副作用があり、どのように対処したらいいのかを知っているのと知らないのでは大違いです。
それから、信頼できる所を使わないと、送られてきた商品が粗悪品だったり、そもそも別の商品が送られてきたりと、質の面からも考えておく必要があります。

正直な話、ここまでするくらいなら国内のものを買った方が、マシだとも感じます。

個人輸入には大きなリスクがある事を頭に入れておくのが大切

個人輸入以外ではなかなか手に入らない薬もありますから、個人輸入を推奨しているところもあります。しかし、それ以上に高いリスクをはらんでいることは、覚えておいてください。