受診するときのポイント

病院には様々な科が存在します。ケガをしたら外科に行きますし、お腹が痛いとなれば内科に行くでしょう。耳や鼻の不調では、耳鼻科に行くと思いますが、薄毛になったら何かに行けばいいと思いますか。
知らなかったという人も、いずれお世話になるかもしれませんから、少し勉強してみましょう。

皮膚科かAGA専門クリニックか

男性が薄毛を病院に相談しようと思ったら、皮膚科に行くか、男性型脱毛症(AGA
)クリニックに行くかのどちらかになるでしょう。

M字型薄毛が進行して、生え際が後退している等、明らかに薄毛が進行してしまっているという場合には、クリニックの方に行くのをおすすめします。
ちょっと気になるくらいで、そこまででもないとか、薄毛専門のクリニックに入るのに抵抗があるという場合には、とりあえず皮膚科を受診してもいいでしょう。

皮膚科よりも専門のクリニックの方が、数が少ないため、皮膚科を選ばざるを得ないという人もいるかと思いますが、皮膚科を受診する前には、一度電話で薄毛についての相談を受け付けてくれるのかを聞いておくことをおすすめします。

皮膚科を受診した場合

皮膚科を受診するときには、電話で確認した方が良いと述べました。
その理由として、皮膚科は薄毛専門ではないため、精密な検査が行えず簡単に診察するだけのところや、そもそも薄毛は受け付けていないというところがあるからです。
ですから、ちゃんと検査までしてほしいという場合には、皮膚科はあまりお勧めできません。

仮に男性型脱毛症だと診断されたとしても、プロペシアという薬をもらうだけという事もあります。
プロペシアは、AGAの原因とされるジヒドロテストステロンを抑制する薬で、効果は高いですがあくまでも、原因の抑制で髪が生えてくるわけではありません。
皮膚科に行くと現状維持もしくは、進行を遅らせることになりますから、頭に入れておくと良いでしょう。

髪のボリュームを増やしたいのであれば、最初から専門クリニックにいっておいた方が、時間の節約になります。
あまり専門的なことはされない代わりに、専門クリニックと比べると料金は安く9000~15000円程度です。
値段を見てピンとくる方もいるかと思いますが、基本的に薄毛治療は保険が効きませんから、気を付けてください。

AGAの専門クリニックを受診した場合

料金は皮膚科を利用した時よりも高くなり、1回15000~30000円程度と言われています。
ただし治療をするにも方法がいくつかあり、100万円近くかかるようなものもありますから、お金を気にせずとにかく薄毛を失くしたいんだというときは、こちらで相談してみるといいでしょう。
お金はかかりますが、しっかりとした検査が出来る事、発毛が期待できる治療を受けることが出来る事がメリットです。

皮膚科だと薄毛の初期段階に行って、これ以上進行させないようにという流れになると思いますが、クリニックだと薄毛の末期で、すでに髪が生えなくなってきたところからでも生えるようになる可能性があります。
AGAではありませんが、頭皮専門クリニックもありますから、自分がもしかしたらAGAではないかもしれないというときには、そちらに行くのもいいでしょう。

金額以外の問題をあげるとすれば、人気クリニックだとなかなか予約が取れない可能性がある事でしょうか。
特に育毛や発毛は、時間をかけて行う必要がありますから、定期的にいけるという事は、重要なファクターになります。

初期段階であるほど安く済む

薄毛治療の鉄則と言ってもいいかも知れませんが、気が付いたらすぐに行動するようにしてください。初期段階であれば、料金が安い皮膚科でも大丈夫かもしれませんし、病院には行かず育毛剤などを活用して進行をとどめておくこともできるでしょう。
抜け毛や薄毛を認められず、治療が遅れればお金がかかるクリニックに行く必要がありますし、より高い治療方法を選ばないといけなくなるかもしれません。