育毛剤で薄毛対策をする男性

男性が薄毛について調べると、必ずと言っていいほど男性型脱毛症(AGA)に行きつくと思います。
同じように男性用の育毛剤を見ると、AGAを意識したものばかりになるでしょう。
では、AGA対策の育毛剤を使ったとき、頭皮ではどのようなことが起こっているのかを知っていますか。

男性型脱毛症(AGA)の症状について

男性の薄毛のほとんどがAGAだと言われています。
そのAGAも、原因がいくつかあると言われていますが、主な理由として男性ホルモンのテストステロンが変化することです。
テストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と反応すると、ジヒドロテストステロンと呼ばれるものに変わります。

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱して、髪の成長期を短くしてしまうため、髪が十分に成長できないうちに、抜け落ちてしまうのです。
その結果として、薄毛になり、ついには髪が生えてこなくなります。
男性の脱毛症の場合、根幹にこういった原因があり、薄毛の進行を加速させる要因として、生活習慣やストレスが関わってくるというのが、一般的な認識のようです。

ただし、ジヒドロテストステロンがなかったら、薄毛にならないかと言われるとそうではなく、あまりにも不健康な生活を送っていると、それだけでも薄毛になるでしょう。

AGA対策であるならば5αリダクターゼを抑制する

AGAの原因がジヒドロテストステロンであることは説明しました。
つまり、ジヒドロテストステロンを減らすことが出来れば良いわけですが、どのようにしたら減ると思いますか。
テストステロンを減らすというのは間違えた考えではありませんが、男性ホルモンであるテストステロンは男性には必要不可欠なホルモンで、少なくなったらなったで、身体に異変が現れます。

そのため、テストステロンを減らすという育毛剤は存在せず、代わりに5αリダクターゼを抑制することになります。
このことをよく「男性ホルモンを抑制する」と表現していますから、気を付けて見てください。
また男性ホルモンを減らすために、女性ホルモンを投与すると言い出す人がいますが、男性が女性ホルモンを投与すると、それこそホルモンバランスが崩れて、体調が悪くなりますからやめましょう。

病院やクリニックで処方してもらえる薬の成分として有名なのが、フィナステリドです。
5αリダクターゼを抑制する能力は高いですが、副作用もあるため、処方してもらうときには、医師の話をしっかりと聞くようにしましょう。
またデュタステリドという成分も、抑制効果がありますが、フィナステリド同様病院での処方が原則ですから、気軽に手に入れられるものではありません。

男性用におすすめの育毛剤を比較しました

市販の育毛剤を購入するとき

薄毛で病院に行くというのは、人によっては難易度が高く、また行く時間がないという人もいるでしょう。
そこで市販の育毛剤です。
フィナステリドやデュタステリドほどの効果は得られないかと思いますが、5αリダクターゼを抑制する成分を含んだものが売られています。

成分表を見てもらって、「亜鉛・緑茶エキス・アゼラリン酸・オウゴンエキス・チョウジエキス・ヒオウギエキス・ビワ葉エキス・グアバ葉エキス」などが入っていれば、AGAに効果があると言えます。
また出来るだけ高濃度で入っていた方が良いですから、成分表の並び順を見てみましょう。
最初の方に書いているものほど量が多く、あとになるほど少なくなりますから、上位に上記の成分がある育毛剤を探してみてください。

基本は薄毛の進行を止めるもの

5αリダクターゼを抑制するというのは、あくまでもヘアサイクルを正常に戻すというもので、こういった育毛剤を使ったからと言って、髪がふさふさになるという保証はありません。
ヘアサイクルが正常になることで、髪が生えてくることもありますが、基本的には現状維持です。
より効果の高い「発毛」を望む場合には、専門のクリニックで受診してみてください。

男性用の育毛剤ランキングを見る

関連記事