Pocket

薄毛について悩む男女

不思議なことに、洋の東西を問わず、人間という生き物は嫌な現実は見たくないものなのだそうです。そのため、最近、抜け毛が増えてきたかなと思っても、薄毛になるのは嫌だからと、知らないふりをしているという人も多いのでしょう。
それでは、何の解決にもつながらないわけですが、ついつい、現実から逃避してしまう気持ちは分かります。

しかし、放置すれば、放置してしまった時間の分だけ、薄毛は進行し、最終的には治療が難しくなってしまいます。
そうならないためにも、判断の助けとなる薄毛の基準が気になるところです。

薄毛には明確な判断基準は存在しない

基準が欲しいと感じながらも、残念ながら、薄毛について明確な基準というものは存在していません。
というのも、まず男女で薄毛の進行の仕方が違いますし、個人差まで考えると、基準となる値が見つけられないからです。
生まれつき髪の毛が細い人もいれば、おでこが広い人もいますし、抜け毛の数も小さいころからほかの人よりも多いという人もいます。

そのため、薄毛かどうかを判断するには、それまでの自分の髪質と比べて、自己判断をするしか方法がありません。
自分で髪が薄くなってきたかなとか、生え際が後退してきたかなと感じて、薄毛になったと気づき、自覚した時が薄毛の判断基準だと言えるでしょう。
誰かに指摘されて気が付くという事も考えられますが、告げられたとしてもその通りだとは思わないかもしれませんし、やはり自分次第という部分はあります。

1つ言える事は、気になり始めたら、すぐにでも薄毛対策を行った方が良いという事です。
特に男性の場合、薄毛は放っておいて改善されるものではありません。対策をしなければ、着々と薄毛が進行することになります。

昔の自分と比較する

ある時を境にして、いきなり髪がごっそり抜けたというのであれば、判断はしやすいと思うのですが、残念ながら薄毛は徐々に進行するため、なかなか気が付かない人も多いと思います。
ですから、進行しているかどうかを見るために、昔の写真と今の状態を比べてみるといいでしょう。
何なら定期的に写真を撮っておくとわかりやすいとは思いますが、面倒ではありますし、そこまでする必要はないかもしれませんね。

抜けた毛が細いか、太いかでも、判断することは可能ではあります。
脱毛症になると、髪の成長途中で抜けるようになりますから、抜けた髪が細くなるのです。しかし、髪の太さには個人差がありますから、以前の自分の髪の太さを知らないと判断は難しいかもしれません。

抜けた髪の毛の量で見る場合でも同様に、以前の状態と比較する必要があります。
薄毛の始まりとして、男性ならば額の生え際や頭頂部、女性なら分け目に現れやすいですから、写真を見て比べるときには、注意して見てみるといいでしょう。

男性用の育毛剤の口コミはこちら

人から薄毛だと判断される基準は?

薄毛の基準はありませんが、他の人からどう見られているのかというデータはあります。
ある会社の実態調査では、おでこが広いとハゲているの境界は、眉山から髪の生え際までを直線で結んだ距離が6~7cmだと結論付けました。
6~7cmよりも長いと、ハゲだと思われる可能性が高いという事ですね。

それから、クリニックで薄毛かどうか判断するときに使われるものもあります。
まず耳の一番高いところから、頭頂部にまっすぐ線を伸ばします。
その線を中心に、幅2㎝以内に生え際があれば、M字ハゲになるというものです。

クリニックで使われているため、信頼性が高い部分もありますが、例えこの方法でM字ハゲだと診断されたからと、絶対に将来禿げるというわけではありませんし、薄毛が進行するというわけでもないのだそうです。

大事なことは早めの対策

自己判断するしかなく、自分は薄毛ではないと思いたい気持ちはわかりますが、現実から目をそらしても薄毛が進行するだけです。
進行した薄毛をどうにかしようと思ったら、お金も時間もかかりますし、現実を見て早めの対策をすることをお勧めします。

抜け毛のメカニズム

髪の毛の成長過程について、簡単に説明します。
ヘアサイクルとか、毛周期という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、髪の毛はこの周期に従って、成長します。
大まかな流れとしては、成長期→退行期→休止期→脱毛期ですね。

その中で、成長期は早期・中期・後期の3つに分かれています。
早期成長期は髪の毛の成長が始まる時期で、生え始めだと考えてもいいでしょう。
中期成長期で髪が長く伸びていきます。最後の後期成長期で、髪が太くなっていくのです。

このまま、他の周期の話もしますが、退行期は毛根が退縮して、細胞分裂が少なくなり髪の成長が衰えます。休止期になると毛が抜ける準備を始めて、脱毛期に髪が抜けるという流れです。
ヘアサイクルは男性で3~5年、女性で4~6年と言われていますが、個人差もありますから参考程度に覚えておいてください。
脱毛症というと、成長しきっていない髪の毛が抜けてしまうもので、成長期が短くなった状態を指します。

正常な抜け毛本数は何本?

1日に抜ける髪の毛の本数は大体50~100本と言われていて、その多くがシャンプーをしたときに抜けるのだそうです。
すでに抜けていた髪が、他の髪に引っかかり、洗髪の時に流れたとも言えますが、髪を洗ったときに抜け毛の本数で多くなったかどうかわかるかもしれませんね。
ただ、あくまでも上の数字は平均ですから、人によっては200本抜けるのが普通という人もいます。

ですから、○○本抜けたから危険という絶対数ではなく、いつもよりも○○本多く抜けたという相対数で見た方が良いでしょう。
また、秋になると抜け毛の数が増えて、人によっては通常時の2倍も髪の毛が抜けます。
秋に抜け毛が増える理由として、夏の紫外線や直射日光のせいで髪がボロボロになっていたからとか、動物のように冬毛に変わるためだとか、説はありますがはっきりとしたことは分からないようです。

理由は何にしても、秋に増えた抜け毛はあまり気にする必要がないでしょう。

男性用の育毛剤ランキングを見る

こうなったときには薄毛に注意

一応基準として、1日に300本以上抜けると薄毛の恐れがあると言われています。
しかし、前述通り個人差や時期もありますから、この数字にとらわれすぎない方がいでしょう。
それよりも、普段の自分の抜け毛の量を知っておいた方が良いです。

その本数と比べて、増えてきたのであれば、薄毛の可能性がありますから、何か対策を始めましょう。
それから、急にごっそり髪の毛が抜けるという事がありますが、急に増えた場合には薄毛ではなく別の病気である可能性があります。

抜け毛の本数と同じく知っておいてほしいのが、抜けた髪の毛の状態です。
説明した通り、薄毛は成長途中の髪が抜けることで進行します。
ですから、抜けた髪の太さは充分に判断基準になるわけです。

抜ける髪の毛が依然と比べて細くなったと感じるのであれば、成長後期がスキップされている可能性が高く、黄色信号です。
もしも薄毛が進行しているんじゃないかと思うことがあれば、まずは生活習慣から見直してみてください。睡眠不足や栄養の偏り、ストレスなどはすべて薄毛につながる可能性があります。

それから、育毛剤を使ってみたり、クリニックに相談に行ったりしてもいいでしょう。
育毛剤はネットでも購入できますから、買っているところを誰かに見られたくないというときでも、安心して買うことができます。

育毛剤は薄毛予防に効果が期待できる

生活習慣の改善も薄毛予防にはなりますが、なかなか変えることが出来ないという人もいるでしょう。
そんな中、薄毛になるのではないかと不安に思ったら、育毛剤を使い始めてください。
育毛剤は薄毛の進行を止めるだけではなく、予防してくれる効果も期待できます。

女性用のおすすめ育毛剤ランキング

関連記事