Pocket

有効成分で効果を実感している女性

騙す意図はなくとも、多くの企業で微妙な言葉の使い分けをしていることがあります。
もしくは受け手側が、勝手に勘違いしているのかもしれません。
どちらにしても、曖昧な言葉というものが、世の中にはあふれています。育毛剤でいくならば、「有効成分」をちゃんと理解している自信がありますか。

そもそも有効成分とは何か

薬局などで普通に並べられているいわゆる育毛剤は、医薬部外品という分類になります。
医薬部外品とは、厚生労働省が認可した成分が一定の濃度で配合されている、防止などを目的として作られたものです。
治療を目的とした医薬品よりも、効果が弱く緩やかなものになりますね。

厚生労働省が認可した成分が、有効成分になります。
要するに国から効果を認められたものですね。
他の成分が駄目だというわけではありませんが、有効成分が多いほど、頭皮に必要な栄養を補給するものとして確実な効果を得られると考えていいでしょう。

育毛剤と呼ばれるものの中には、スカルプエッセンスというものがあり、これは有効成分が入っておらず、「化粧品」に該当します。
また育毛剤をいくつも確認してみたところ、有効成分は1つの商品に2~4種類程度入っているようです。
つまり、48種類の成分がと言っていたとしても、有効成分はせいぜい3つだという事ですね。

有効成分以外の成分の総称は、各社で違うのだが「有用成分」と言った書き方をされていると思うので、一度注意して見てみてください。
商品説明以外でも、口コミサイトなどでは有効成分とその他の成分の表記が、混同していることもありますから、気を付けておきましょう。

男性用の育毛剤ランキングを見る

配合される主な有効成分

育毛剤でよく使われている成分は「センブリエキス」「グリチルリチン酸2K」「ジフェンヒドラミンHC」などです。
グリチルリチン酸2Kと、グリチルリチン酸ジカリウムは、表記が違いますが同じものです。他にも、会社によって表記が微妙に違うこともありますから、よくわからなければ簡単にでも調べてみるといいでしょう。

似たような名前をしているため、もしかしたら、調べる前に判断できるかもしれませんね。
それぞれの効果ですが、「センブリエキス」には、髪の毛の成長に関わる、毛乳頭細胞を活発にしたリ、抗炎症作用があったり、血行を促進したりといった感じです。
それからグリチルリチン酸は、抗炎症作用があり、雑菌を抑えてフケやかゆみにも効果があります。

「ジフェンヒドラミン」は抗炎症作用と、血行促進作用が期待できます。

ミノキシジル・フィナステリドとは何か

疑問を持つ男性イラスト

育毛剤に使われている成分を比較するときに、しばしば「ミノキシジル」という言葉を見かけることがあるのではないでしょうか。
また「フィナステリド」も育毛剤について調べていると、見かける名前です。
しかし、これら成分はどういったものなのか、知らないとなかなか判断できませんよね。

そこでミノキシジルとフィナステリドについて、まとめてみました。

ミノキシジルにはどんな効果が?

元々はアメリカで、高血圧の人のための血管拡張剤として使われていたのが、ミノキシジルです。
血管を拡張することで、血液の流れがスムーズになり、血管に負担となる圧力がかかるのを防ぐことができるようになります。
そうして血管を保護する役目に使われた結果、血液の流れがスムーズになったことによる発毛効果が見られたため、研究が進んだ今日では、薄毛の効果がある成分だと認められました。

別の薬だったものが、想定外のものに効果を発揮するという事は、それなりにあるようです。言ってしまえば副作用になるのですが、副作用も悪いものばかりではないという事です。
ミノキシジルがなぜ薄毛にも効果があるのかというと、血管が拡張して、血流が増えると、髪の毛の細胞分裂が促進されるからなのだそうです。

その効果は「発毛剤」と呼ばれるほどで、いまでは発毛効果こそが、ミノキシジルの本懐と言って良いでしょう。
育毛のためにミノキシジルを使うのではなく、発毛のために使うという事です。
育毛と発毛は近い言葉に聞こえますが、本質的に大きく異なりますので注意が必要です。

また、ミノキシジルの副作用はかゆみやかぶれ、湿疹。それから、血管に作用するため、低血圧の人などだと、血流にも作用して、めまいや頭痛、不眠などの症状が引き起こされることがあります。

女性用の育毛剤ランキングを見る

フィナステリドの効果について

フィナステリドは、脱毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑制する効果がある成分です。
そのため、それ単体では髪を生やす効果は期待できません。
男性ホルモンの抑制と書きましたが、テストステロンを抑制するわけではなく、テストステロンが変化したジヒドロテストステロンを抑制するものです。
さらに言うなら、変化するときに必要になる酵素「5αリダクターゼ」を抑制しています。

ジヒドロテストステロンが乱しているヘアサイクルを、正常に戻すことが出来るため、髪本来の成長ペースに戻すことはでき、その分髪が増えるかもしれませんが、より効果を高めるために、ミノキシジルと併用することが多いです。
プロペシアという薬も、育毛関連では見かけますが、この薬の主成分がフィナステリドです。
フィナステリドの副作用は、性欲の減退や勃起不全などで、何も考えずに使うと大変なことになりかねませんから、きちんと病院で処方してもらってください。

特に妊婦が使用してしまうと、胎児に悪影響を及ぼしかねません。

医薬品として発毛成分が認められているもの

これらは医薬品として発毛成分が認められているものになります。
簡単に言うと、国のお墨付きです。
他にも有効成分として、効果が認められているものもありますが、医薬部外品として使われる成分ばかりになります。

より効果の高い医薬品としては、この2つの成分の名前を抑えておくだけで十分と言えるでしょう。。
冒頭に少し書きましたが、ミノキシジルと比べて効果が高いと宣伝している商品があります。
ですが、育毛効果について比較しているものばかりで、発毛効果に関してはその結果通りというわけではありません。

出来ればこれらを使う前に薄毛対策したい

ミノキシジルもフィナステリドも、効果が高い反面、正規の方法で手に入れるためには病院などに行く必要があり、値段としても高めになります。
何より副作用も怖いですから、ここまでの効果が必要ない、薄毛の初期のうちに育毛剤や生活改善などで対策しておきたいものです。

その他の成分とは一体何か

育毛剤には、有効成分以外の成分があります。
むしろ、何十とある成分のほとんどが、その他の成分に該当します。
ただし、水やエタノールは除きます。

その他の成分とは、国に認可されていないが、各社の研究の結果、効果があると判断したものです。
国に認可を受けていないのは、審査に時間がかかるからだそうです。
かなり効果が高いものも期待できるが、安全面では有効成分の方が上だと言えます。

認可されていないからと言って、効果がないわけではありませんから、注意してください。
育毛剤初心者の場合には、とりあえず有効成分が入った医薬部外品のものを買うことをお勧めします。
厚生労働省の後ろ盾があるため、安心して使うことが出来るでしょう。

確かな育毛効果はゆっくり効く

有効成分は、ゆっくりとその効果を現していきます。
それだとどうしても遅いと感じる人もいるかもしれませんが、しかし、ヘアサイクルの関係上、効果が高いものを選んだからと言って、効果が現れるのには、何か月もかかりますから、自分に合った育毛剤を使うようにしましょう。

女性用のおすすめ育毛剤ランキング

関連記事