有効成分で効果を実感している女性

騙す意図はなくとも、多くの企業で微妙な言葉の使い分けをしていることがあります。
もしくは受け手側が、勝手に勘違いしているのかもしれません。
どちらにしても、曖昧な言葉というものが、世の中にはあふれています。育毛剤でいくならば、「有効成分」をちゃんと理解している自信がありますか。

そもそも有効成分とは何か

薬局などで普通に並べられているいわゆる育毛剤は、医薬部外品という分類になります。
医薬部外品とは、厚生労働省が認可した成分が一定の濃度で配合されている、防止などを目的として作られたものです。
治療を目的とした医薬品よりも、効果が弱く緩やかなものになりますね。

厚生労働省が認可した成分が、有効成分になります。
要するに国から効果を認められたものですね。
他の成分が駄目だというわけではありませんが、有効成分が多いほど、頭皮に必要な栄養を補給するものとして確実な効果を得られると考えていいでしょう。

育毛剤と呼ばれるものの中には、スカルプエッセンスというものがあり、これは有効成分が入っておらず、「化粧品」に該当します。
また育毛剤をいくつも確認してみたところ、有効成分は1つの商品に2~4種類程度入っているようです。
つまり、48種類の成分がと言っていたとしても、有効成分はせいぜい3つだという事ですね。

有効成分以外の成分の総称は、各社で違うのだが「有用成分」と言った書き方をされていると思うので、一度注意して見てみてください。
商品説明以外でも、口コミサイトなどでは有効成分とその他の成分の表記が、混同していることもありますから、気を付けておきましょう。

男性用の育毛剤ランキングを見る

配合される主な有効成分

育毛剤でよく使われている成分は「センブリエキス」「グリチルリチン酸2K」「ジフェンヒドラミンHC」などです。
グリチルリチン酸2Kと、グリチルリチン酸ジカリウムは、表記が違いますが同じものです。他にも、会社によって表記が微妙に違うこともありますから、よくわからなければ簡単にでも調べてみるといいでしょう。

似たような名前をしているため、もしかしたら、調べる前に判断できるかもしれませんね。
それぞれの効果ですが、「センブリエキス」には、髪の毛の成長に関わる、毛乳頭細胞を活発にしたリ、抗炎症作用があったり、血行を促進したりといった感じです。
それからグリチルリチン酸は、抗炎症作用があり、雑菌を抑えてフケやかゆみにも効果があります。

「ジフェンヒドラミン」は抗炎症作用と、血行促進作用が期待できます。

その他の成分とは一体何か

育毛剤には、有効成分以外の成分があります。
むしろ、何十とある成分のほとんどが、その他の成分に該当します。
ただし、水やエタノールは除きます。

その他の成分とは、国に認可されていないが、各社の研究の結果、効果があると判断したものです。
国に認可を受けていないのは、審査に時間がかかるからだそうです。
かなり効果が高いものも期待できるが、安全面では有効成分の方が上だと言えます。

認可されていないからと言って、効果がないわけではありませんから、注意してください。
育毛剤初心者の場合には、とりあえず有効成分が入った医薬部外品のものを買うことをお勧めします。
厚生労働省の後ろ盾があるため、安心して使うことが出来るでしょう。

確かな育毛効果はゆっくり効く

有効成分は、ゆっくりとその効果を現していきます。
それだとどうしても遅いと感じる人もいるかもしれませんが、しかし、ヘアサイクルの関係上、効果が高いものを選んだからと言って、効果が現れるのには、何か月もかかりますから、自分に合った育毛剤を使うようにしましょう。

女性用のおすすめ育毛剤ランキング

関連記事