育毛剤の副作用を心配する男性

薬と名のつくものには、大体副作用があります。育毛剤が果たして薬なのかという疑問もあるかと思いますが、医薬部外品や医薬品に該当しますから、薬とみていいでしょう。
薬ですから、副作用があります。そこで、育毛剤の副作用について考えてみましょう。

育毛剤の種類を見る

育毛剤の分け方と言っても、様々なものがあります。「男性用なのか、女性用なのか」とか「飲み薬なのか、塗り薬なのか」などですね。
ですが、ここで見てほしいのは、「医薬品」なのか「医薬部外品」なのか「化粧品」なのかです。
医薬品は効果が高いとされていますが、他に比べると副作用の危険性が高く、医薬部外品は副作用が出ても重大にならないものくらいのイメージになります。

塗り薬よりも、飲み薬の方が副作用が出やすいという話がありますが、まず飲み薬が医薬品だからです。
育毛剤の場合、塗り薬の多くが医薬部外品で、直接頭皮に薬液を浸透させます。
塗り薬であって、医薬品に当たるものもありはしますが、その多くが飲み薬です。

また塗り薬よりも、飲み薬の方が副作用の危険が高くなるのは、飲み薬の場合、効果が現れてほしいところに運ぶために血液に入って全身を回ります。
全身を回るという事は、それだけ意図しない場所で効果を発揮するリスクもあるという事ですね。
「化粧品」について、医薬品や医薬部外品と比べるともっと効果が緩やかな、安全なものと感じるかもしれませんが、育毛剤の場合はそういうわけにはいきません。

より効果が高い、最新の成分を入れるために、あえてこの位置にとどまっているというものも少なくないのです。
つまり化粧品であっても、医薬部外品より効果が高いかもしれません。
ただし、安全性や効果については、その企業が独自に確かめたものになります。

医薬部外品であれば、国がこれなら市販しても大丈夫だという保証したものですから、最低限の安全性は確保されていますが、化粧品は違いますから、医薬部外品の方が安全という考え方もできます。

女性用のおすすめ育毛剤ランキング

具体的にどのような成分と副作用があるか

有名どころだと「ミノキシジル」という成分があります。
発毛剤と言われるほど、効果の高い成分ではありますが、顔の発汗、頭皮のかぶれなどが起こる可能性があります。
頭皮のかぶれでいけば、頭皮に塗り込む育毛剤はすべてその可能性があるとは言えるでしょう。

それからミノキシジルは、元々高血圧の薬だったためか、頭痛やめまい、吐き気といった副作用も起こす可能性があります。
副作用が出た場合、とにかく使用をやめて、病院で診察してもらってください。
ミノキシジル以外だと、フィナステリドも副作用が大きい成分になります。

フィナステリドはAGA治療で使われるもので、男性機能障害になるかもしれません。
フィナステリドを妊娠中の女性が触ると、胎児に悪影響を与えますから、気を付けてください。

初期脱毛は我慢のしどころ

育毛剤を使うと逆に髪が抜けてしまうという話があります。
しかも、肌に合わなかったから、炎症が起こったといった理由ではありません。
育毛すべきところで、髪が抜けているわけですが、副作用と言っていいのですが、これに関しては悪いとも言い切れません。

頭皮環境が良くなったため、乱れていたヘアサイクルが、元に戻っている途中でなる現象です。
正常な髪を作り出すために、今のボロボロなった髪を抜いていると言えば、イメージがしやすいでしょうか。
こればかりは、個人ではどうしようもないため、我慢するしかありません。

どうしてもという場合には、病院に相談してもいいですが、望んだ答えが返ってくるかはわかりません。

副作用を知っておくことは大事

副作用があるから使ってはいけないという事ではなく、副作用を知って万が一の時にどうするのかを知っておくことが大事です。
今回の初期脱毛のように、一見すると逆効果に見えても、そうではないこともあります。

その時に、「副作用が出た」と使うのを止めるか、これは正常なヘアサイクルに戻るために必要なのだとわかって、育毛剤を使い続けるのでは、比べるまでもないでしょう。

男性用の育毛剤の口コミはこちら

関連記事