言葉の意味を調べる女性

業界特有の言葉は、普段使っている人からしてみれば当たり前の事であっても、そうではない人から見るととても紛らわしいものです。
その中でそれぞれの言葉が混同して、より複雑怪奇になっていることもしばしばあります。
そこで、育毛関係でわかりにくいと思われる言葉について、簡単にまとめてみました。

育毛剤・発毛剤・スカルプエッセンスの違い

これらすべて、「育毛剤」でまとめられることも多いですが、細かく見ると少しずつ違っています。
例えば、発毛剤は医薬品、育毛剤は医薬部外品、スカルプエッセンスは化粧品です。
医薬品や医薬部外品は、厚生労働省が認めた成分(有効成分)を決められた濃度で使っています。

医薬品と医薬部外品の違いは、簡単に言うなら効果の高さの違いで、医薬品の方が上です。
ただ効果が高いという事は、副作用が出る可能性も高いですから、医薬品の中でも第1類になるものは、薬剤師の指導が必要になります。
医薬部外品になると、普通の薬局でも購入できます。

スカルプエッセンスは、有効成分を使っていないため、化粧品に当たりますが、効果が薄いというわけではありません。
むしろ、発見されたばかりで、まだ効果が認められていないような成分を使っているものです。
そのため、スカルプエッセンスと医薬品とどちらが効果が上かというのは、はっきりとは比べにくいです。

初めてこういったものを使うというときには、医薬部外品である育毛剤を使うのが安心でしょう。

有効成分・その他の成分

育毛剤の成分を見ると、有効成分とされているものと、そうではないものに分けることが出来ます。
今回の記事でも少し触れたのですが、気が付いたでしょうか。
有効成分とは、厚生労働省が育毛に効果があると認めた成分です。

そのほかの成分が育毛に全く効果がないというわけではなく、各社の研究開発の結果により育毛効果があるとされていながらも、まだ厚生労働省からは認めてもらっていないようなものと言った感じでしょうか。
これの何が紛らわしいのかというと、その他の成分の表記方法です。
有効成分は「有効成分」と表示していますが、その他の成分に関しては各社様々な表現をしていて中には「有用成分」と表記しているものもあります。

こうなると混同する人も増えて、育毛剤の成分を紹介するサイトでも、全ての成分をひっくるめて「有効成分」と表記していることがあります。
どんな育毛剤であっても、有効成分の数はせいぜい3~4種類ですから、間違った使い方をしているかどうかは、見たらわかるでしょう。

男性用の育毛剤の口コミはこちら

専門病院(クリニック)

薄毛治療で受診する病院は大きく2つに分けられます。
一般の病院か、専門の病院(クリニック)かです。
前者だと、薄毛専門ではありませんから、簡単な診察や薬の処方はしてくれますが、詳しい検査をしてくれるところは少ないです。

後者だと、詳しい検査や育毛に力を入れてくれますが、専門性が高くなるためか料金が一般の病院よりも高くなります。
病院に行くといった場合に、どちらに行くかをちゃんと考えておかないと、時間とお金の無駄になるかもしれませんから、この2種類があるという事だけは覚えておいてください。
一般の病院の場合、受診するのは皮膚科になると思います。

基本的な考え方として、一般の病院だと現状維持や進行の遅延が目的になりますから、すでに薄毛が進行している場合には、専門のクリニックに行ってみるといいでしょう。

大事なのは自分で判断すること

口コミサイトや紹介サイトはたくさんあり、表記を間違えているものも見受けられます。
もしかすると、この記事内でも間違えた使い方をしているものもあるかもしれません。
そういったときに、どういうつもりでその言葉を使っているのか、「育毛剤」と表記しているけれど、これは「発毛剤」の事ではないのかと、自分で判断することで、より実用的な知識を得られるでしょう。

女性用の育毛剤ランキングを見る

関連記事