Pocket

毛髪を気にする女性

育毛剤を使っている人、使おうと考えている人、それぞれいると思いますが、なぜ育毛剤を使っているのか答えられますか。
昔のようなふさふさの髪を取り戻したいから、という人もいるかもしれませんが、それはなかなか難しい事をご存知でしょうか。
では何のために、育毛剤はあるのか、考えていきましょう。

育毛剤の目的は現状維持

育毛剤の主な効果を上げていくと、頭皮の血行の促進、頭皮への栄養補給、皮脂や汚れの除去、5αリダクターゼの抑制と言ったところでしょう。
5αリダクターゼとは何だと思う人もいるかと思いますので、簡単に説明します。
男性の薄毛の主な原因と言われているのが、男性ホルモンのジヒドロテストステロンです。

ジヒドロテストステロンは、ヘアサイクルを乱すことで、薄毛を進行させて、最終的には髪が生えない状況になってしまいます。
このホルモンですが、同じく男性ホルモンのテストステロンと、酵素の5αリダクターゼが結びついて出来るのですが、テストステロンは男性にとって必要なホルモンなので、減らすという事はできません。
そのため、5αリダクターゼの方を抑制します。

話を戻しますが、上記の効果はすべて薄毛の原因を抑えるもの、ヘアサイクルを正常に戻すもので、より発毛力を高めようとしているものではありません。
薄毛の原因を抑えることが出来れば、相対的に髪が増えるかもしれませんが、育毛剤=髪が生えるようになるとは少し違います。
継続中の育毛剤の使用を止めたら、多くの場合また薄毛が進行するでしょう。

あくまでも育毛剤は現状維持や、進行を遅くすることが目的ですから、早期に脱毛症に気が付いたときには、コストパフォーマンスの面から見ても、育毛剤で十分だと考えられます。
逆にすでにかなり薄毛が進行しているのであれば、育毛剤の効果が現れないかもしれません。

女性用の育毛剤ランキングを見る

薄毛予防や対策に使うこともできる

育毛剤は薄毛の原因を抑えるものですから、薄毛の原因とは大雑把に血行不良や栄養不足、男性ホルモンになります。
男性ホルモンに関して言えば、遺伝も大きくかかわる部分です。
そのため、親族に(特に母方の祖父)薄毛の人がいるとか、不規則な生活で血行が悪い、栄養が偏っているといった場合には、予防に使うことが出来ます。

育毛剤を予防で使おうと考えている人は、効果が高いかどうかよりも、肌に優しいかどうかで選ぶようにしてください。
育毛剤は頭皮環境を良くしてくれるものですが、中には刺激が強く、人によっては炎症を起こしたり、湿疹が出来たりとトラブルにつながるかもしれません。
それから、予防という事であれば、生活習慣も見直したいところです。

特に睡眠に関しては、髪が修復できるかどうかという話になり、髪を修復してくれるような育毛剤は見かけないため、出来るだけしっかりとるようにしてください。

効果なしと感じるのはどうしてか

育毛剤は効果がない、という言葉はインターネットを使っていると、度々見かけます。
ですが、よくよく見てみると、育毛剤が悪いわけではないこともありますから、少しご紹介します。
まず育毛剤を使うとすぐに髪が生えてくると考えていると、効果がないと思うでしょう。

前述通りあくまでも現状維持のためのものですし、育毛剤の効果が現れるのは、何か月も使い続けてからになります。
1か月程度続けても、目に見えた効果は出ません。早くても3か月、通常は半年程度は様子を見るようにしてください。
それから、育毛剤が逆効果だったというときには、その人の肌に合っていない可能性があります。

多くの人が使って問題ないように作られているとは思いますが、それでも個人差はあります。
また、自分の薄毛の原因とは違うことに力を入れている育毛剤だと、効果は薄いでしょう。
女性が5αリダクターゼ抑制に力を入れている育毛剤を使っても、あまり意味がないようなものですね。

放置するよりはケアした方が良い

現状維持に何の意味があるんだと感じる人もいるかもしれませんが、脱毛症は一度発症すると、どんどん進行していきます。
育毛剤でケアをしなければ、現状維持もままならないという事もありますから、放置をするよりは、使った方が良いと思いませんか。

継続中の育毛剤の使用を止めたらどうなるのか

育毛剤を使用する男性イラスト

育毛剤の効果が現れるまでにどれくらいかかるのか、という話は良く聞きますし、調べると簡単に見つかります。
しかし、育毛剤をどれくらい使い続ける必要があるのかという、答えはなかなか見つけることが出来ません。
1度使い始めた育毛剤は、止めてもいいのか、少し考えてみませんか。

薄毛の原因がジヒドロテストステロンの場合には止めたら戻る可能性大

育毛剤とは対症療法です。原因を根本からなくすのではなくて、とりあえず抑えているだけと言ったらわかるでしょうか。
ウイルス性の病気であれば、ウイルスを駆逐することで、薬を使わなくてよくなります。

しかし、対処療法だとウイルスをどうにかするのではなく、ウイルスによって高熱が出たから熱を下げるような効果でしかありません。
原因となるウイルスはそのままですから、薬を止めるとまた熱が出るようなものですね。
男性の薄毛の原因の多くは、ジヒドロテストステロンです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼと結合して生まれるのですが、育毛剤を使うと、この5αリダクターゼを抑えることになります。
ウイルスとは違い、5αリダクターゼは自分の体が作っている酵素ですから、対処療法で時間を稼いでも、免疫機能がどうにかしてくれることもありませんから、使用を止めたらまた薄毛が進行します。
ただし、育毛剤を使っている間は、ヘアサイクルが改善して、髪が増えることはあるでしょう。

男性用の育毛剤の口コミはこちら

原因がそのほかの場合には状況次第

前述通り、育毛剤は対処療法で根本的な解決はできません。
ですから、育毛剤を使っている間に、原因を失くすことが出来れば、使用をやめても薄毛が進行しなくて済むでしょう。
ただし5αリダクターゼや男性ホルモンをどうにかしようとしても、なかなか難しいですから、原因がジヒドロテストステロンの場合には自分ではどうしようもありません。

ただし、育毛剤の効果は5αリダクターゼ抑えるだけではなく、血行促進や栄養補給などもあります。
こちらは、ストレスや生活習慣を変えることで、対処することが出来るでしょう。
ストレスのせいで血行不良になっているのであれば、ストレスを発散する方法を見つけるといいですし、無理なダイエットで栄養不足になったのであれば栄養バランスを考えた食事に切り替えればいいのです。

問題はストレスや無理なダイエットで、身体の別の部分に不調が起こり、それも薄毛の原因となっているときですね。
この場合は、ストレスを減らしても、栄養を摂るようにしても、新たに生まれた原因をどうにかしないといけません。

購入時のコストを削減をするには?

特に男性の場合には、育毛剤を使い続けないといけないことが多いです。
ですが、育毛剤もただではありませんから、できればコストを削減したいと思いませんか。
月5000円だとしても、1年で6万円、5年で30万円となりますから、決して安い額ではないはずです。

育毛剤でも、専門クリニックでもいいですが、自分の目標としている髪の量になった後は、育毛剤の使用量を少なくしていくといいでしょう。
育毛剤には、適量が決められていると思いますが、それでも頭皮環境を悪い状態から良い状態にするために必要な量と、頭皮環境を維持する量は同じではないはずですから、薄毛が進行しない程度に使う回数を減らしてみてください。

毎日使っていたものを、2日に1回にできるだけでも、出費は半分になります。

育毛剤は継続できるものを厳選すること

育毛剤を使うのを止めるとどうなるか、という問いに対しては、また薄毛が進行する可能性が大いにあると返すしかできません。
つまり多くの人が、育毛剤を使い続ける必要があるわけです。
ですから、値段や成分等、長期間使うことが出来そうだと思うものを使うようにしてください。

男性用のおすすめ育毛剤ランキング

関連記事