バツを作る女性

毛を育てると書いて育毛剤ですが、髪の毛に良い成分ばかりかと言われたら、そうではありません。
育毛剤という形を作るうえで仕方なく入っているものであったり、売り物としての体裁を整えるもの出会ったりと、直接育毛には関係ない成分も含まれています。
そこで、育毛剤を買うときに、気を付けておきたい成分をまとめてみましょう。

シャンプーにも使われる界面活性剤

界面活性剤というものを聞いたことはあるのではないでしょうか。
本来は混ざらない、水と油を混ぜるときに使われるため、油汚れを落とすときに使われますよね。
界面活性剤が入ることで、油が水に溶けるため簡単に落ちるのというわけです。

人の肌につけると、皮脂を溶かしてしまうものですが、シャンプーに使われている理由としては、皮脂によってこびりついた汚れを落とすためで、皮脂を落とすことが主の目的ではありません。
しかし、育毛剤で使われるときには、皮脂を落とすことが大きな目的になります。
皮脂は肌を守ってくれていますが、育毛剤の成分からも肌を遠ざけているのです。

そのため、界面活性剤で皮脂を溶かすと、成分が浸透しやすくなります。
ただし必要以上に皮脂を落とすと、守りがなくなり頭皮が傷つきますし、減った皮脂を増やそうと過剰に分泌するようになります。
界面活性剤の中でも、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウム等が強力過ぎて危ないと言われていますが、覚えにくい場合には「硫酸」がついていると危険だと覚えておくと良いでしょう。

女性用のおすすめ育毛剤ランキング

多くの育毛剤に使われるエタノール(アルコール)

エタノールと言ったアルコール類は、多くの育毛剤に使われ、品質保持や成分の溶解、皮脂を溶かして浸透力を高めるなどの効果があります。
さらには、殺菌効果もあるため、決してダメな成分だとは言えませんが、アルコールは極端に弱い人、アルコールアレルギーの人がいるのも事実です。
そういった人の場合、肌に触れただけでかぶれてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

刺激も強いですから、敏感肌だというひともエタノールの濃度には気を付けましょう。
それから、エタノールは揮発性が高く、頭皮の水分を奪ってしまいます。
女性だと特に、頭皮が乾燥しやすいため、エタノールが入っていないエタノールフリーのものを使いたいです。

頭皮の乾燥は、薄毛の進行にもつながりますので、覚えておいてください。
逆に男性の場合には、皮脂が多く頭皮がべたついている人も多いですから、刺激が大丈夫であればあまり気にしすぎる必要はないでしょう。

香料や着色料はアレルギーを起こす可能性も

香料や着色料というだけで、あまり体にイメージがない人もいると思いますが、まさにその通りです。
香料はアルコールやその他の成分の匂いを隠すために使われるもので、使われた香料によって、副作用が変わってきます。
またアルコールと同じく、アレルギーがある人もいますから、はじめて使うものの場合には香料が入っているかを確認しておきましょう。

着色料は香料よりもさらにアレルギーのリスクが高いです。
香料にしても、着色料にしても、育毛とは無関係ですから、これらが入っているだけで、他の成分を薄めてしまっているとも考えることが出来ます。
育毛剤の効果としても、頭皮へのダメージを考えてもこれらは使われていないものを買った方が良いでしょう。

配合されている意味はある

一応その成分が入っている以上、何かしらの意味があります。
中には育毛には関係ないものもあり、それらに関してはない方が良いとは思いますが、今回で言うと界面活性剤やエタノールはデメリットはありながらも、育毛と無関係ではありません。
中には、入っていても気にならず、恩恵だけを受けられるという人もいるでしょう。

そのため、これが入っているからダメ、ではなく自分の体質に合っているのかどうかで、育毛剤は選んだ方がよさそうです。

男性用の育毛剤ランキングを見る

関連記事