Pocket

育毛剤のパラベンの事で悩む男性

一度ついたイメージとはなかなか払しょくできないもので、科学的な根拠がないのだと言われているにもかかわらず信じられていることがあります。
育毛剤で使われる成分で、パラベンがありますが、これに対して悪いイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
「パラベンフリー」を謳っているものもありますが、実際のところそこまで悪いものなのか、調べてみました。

そもそもパラベンとは何?

パラベンとは、防腐剤の1種で「パラオキシ安息香酸エステル」と言います。
さらに付け加えるなら「パラオキシ安息香酸イソプロピル」「パラオキシ安息香酸プロピル」「パラオキシ安息香酸イソブチル」「パラオキシ安息香酸ブチル」「パラオキシ安息香酸エチル」を総称して「パラオキシ安息香酸エステル」=パラベンです。
冒頭にも書きましたが、安全性や低刺激性を示すために、パラベンフリーを大々的公表しているものも少なくありません。

1種類だけでも防腐効果がありますが、複数使うことでさらに効果を高めることが出来ます。
育毛剤にこういった防腐剤が使われるのは、空気中や手から雑菌が入り、腐敗することを避けるためです。
育毛剤が腐るというと、あまり想像がつかないかもしれませんが、普通の水でも何もせずに放置しておくと腐ります。

なぜパラベンは地肌に悪いと言われているのか

パラベンはアレルギー反応を引き起こす可能性がある事が、おおもとになるでしょう。
昔、厚生労働省がアレルギー性があるとして、表示義務を課した成分の中にパラベンがあり、回収した商品も存在します。そのイメージが強く残っているのではないかと言われています。
実際アレルギーがある人が使うと、シミやしわになると言いますし、ひどい時にはアスピリン喘息を誘発する恐れもあります。

そのため絶対に安全だとは言えませんが、パラベンを使って皮膚障害を起こす人は1000人中2~3人ほどです。
これに比べると、着色料や香料の方がよっぽどアレルギー反応を起こす可能性が高く、アレルギー=危険だというのであれば、卵も甲殻類も危険だと忌避されるべきですが、どういうわけかパラベンはとても肌に悪いものだと解釈されることがあるようです。

女性用の育毛剤の口コミはこちら

実際パラベンが入っていることは悪い事なのか

全成分で見た場合、天然由来のアレルギーがない成分の方が安全ですし、前述通り全く危なくないとは言えません。
しかし、防腐剤というカテゴライズで見た場合、パラベンはむしろ安全な成分です。
アレルギーがない人だと、決められた割合で配合されている分には、問題なく使えますし、多くの育毛剤や化粧品では決められた割合よりも、さらに低い割合で使われていることがほとんどです。

それでも肌にダメージがあるのではないかと、思ってしまうかもしれませんが、肌に悪いものがほんの少しも使われていない化粧品や医薬部外品は存在しないのではないでしょうか。
当然アレルギーがあれば、パラベンフリーのものを使うべきですが、パラベンフリーを使う場合代わりに使われている防腐剤は何かを見ておく必要があります。

もしも防腐剤がなければ、使っているうちに腐ってしまいます。
腐った育毛剤と、パラベンが入っている育毛剤、どちらが肌に優しいかは言うまでもないでしょう。
パラベンがフリーでも、パラベンよりも危険な防腐剤が入っている可能性もあります。

パラベンに過剰反応しない方が良いかも

確かにパラベンには悪い面もあります。
ですが、それはパラベンに限ったことではありません。
防腐剤代わりにエタノールを使っているものもありますが、アルコールアレルギーだと、エタノールの方が危険だとも言えますし、結局は自分に合っているかどうかです。

あっていなかった場合、速やかに病院に相談した方が良いですが、だからと言ってパラベンに過剰反応していると、頭皮ケアが出来なくなるかもしれません。

男性用の育毛剤ランキングを見る

関連記事