Pocket

若ハゲにショックを受ける男性イラスト

若ハゲと聞いて、何を考えるでしょうか。
特に若い人だと、自分には関係ないと思っている節があるかもしれませんね。
しかし若ハゲにならないという保証はどこにもありませんし、もしかしたら自分に降りかかってくるかもしれません。ですから、何ともないうちから若ハゲについて考えてみましょう。

若ハゲと男性型脱毛症(AGA)

男性の薄毛の多くが男性型脱毛症(AGA)だと言われています。
若ハゲの原因も、同じくAGAであることが多く、若ハゲはAGAの一種であるともいえるでしょう。
AGAの原因は「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と結合してできた「ジヒドロテストステロン」です。

ジヒドロテストステロンが、ヘアサイクルを乱すため、薄毛になります。
AGAの特徴として、額の生え際や頭頂部から髪が薄くなっていくというものがありますが、そのあたりにジヒドロテストステロンの受容体があるからです。
逆に言うと、後頭部や側頭部などから髪が薄くなっていった場合、AGAではなく別の病気であると考えられます。

他の病気やジヒドロテストステロン以外の薄毛の原因としてあげられるのが、頭皮への直接的なダメージやストレス、栄養不足などが考えられ、若いうちはこちらの原因も考慮しておきたいところです。
若ハゲはAGAの一種と言いましたが、若くて髪が薄ければ若ハゲと言いますから、絶対にAGAだとは言い切れません。

男性用の育毛剤ランキングを見る

どれくらいの割合の人が薄毛の悩みを持っている?

年代別に薄毛の人の割合を見ていくと、20代で5~8%、30代で11~14%ほどが薄毛に悩まされているのだそうです。
100人いたら20代で5~8人、30代だと1割以上が薄毛だと考えると、決して少ない数字ではないでしょう。
学校で考えると、一クラスに1~2人くらいは20代で薄毛に悩まされて、30代だとその倍になります。

ここで見てほしいのが、20代と比べて30代で薄毛に悩まされている人の割合が、倍近くになっていることです。
30代だと、仕事でも責任の重いものを任されるようになったり、結婚をしたりと生活環境が変化したことで、薄毛が促進されたと考えられます。
という事は、若年期における薄毛は、生活環境を良くすることで、改善できるかもしれません。

また性別で見た場合、男性よりも女性の方が薄毛にはなりにくく、推定にはなりますが、男性は5人に1人以上が薄毛に悩まされているのに対して、女性は10人に1人以上です。
見方を変えると、女性であっても10人に1人は薄毛に悩まされていますから、年齢や年代に関係なく薄毛になる人はいるという事は頭に入れておきたいところです。

若ハゲかなと実感したら

まずは生活環境を見直してください。具体的には、ストレスが溜まっていないか、運動はしているか、栄養バランスのとれた食事をしているか、睡眠不足にはなっていないかと言ったところでしょうか。これらはすべて薄毛に繋がりますから、できるところから改善してみてください。
ただジヒドロテストステロンの増加を生活環境の見直しでどうにかすることは難しいです。
そこで、育毛剤を使ってみましょう。

育毛剤の成分に「オウゴンエキス」「ノコギリヤシ」「イソフラボン」「亜鉛」などがあれば、5αリダクターゼを抑制してくれますから、その分ジヒドロテストステロンが増えるのを防止できます。
育毛剤を使う上で気を付けたいのは、こういった成分面もありますが、特に若年期だと刺激の有無です。
若い頭皮はまだ刺激に弱く、副作用が出やすいですから、刺激がないものを選ぶようにしてください。

もしも刺激が強く、頭皮に炎症でもできてしまったら、抜け毛の原因にもなりかねません。

進行が始まったら長い付き合いになる

結局のところ、ジヒドロテストステロンを根絶でもしない限り、薄毛が解決することはありませんし、根絶する方法もありません。
育毛剤で出来るのは、あくまでも5αリダクターゼを抑制するだけで、この酵素を作り出さないようにするわけではないのです。
そのため、育毛剤を使うのを止めたら、また抜け毛が始まるでしょう。

こういうわけで、長い付き合いになりますから、長期間行い続けられる対策を考えてください

男性用の育毛剤の口コミはこちら

関連記事