発毛剤効き目効果

発毛剤トップイメージ

はじめに
髪が薄くなり始めましたら発毛剤を使用するという選択をされる方が多いと思いますが、発毛剤は色々な商品があふれており、どれを使用すれば発毛効果があるか選ぶのは非常にむずかしいです。

各個人の体質もあり、せっかく発毛剤を買ってみたのに全然効果が無い、なんてことになってしまったらお金も時間も無駄になってしまいますよね。

そこで今回は発毛剤選びにどのようにすべきかと言う方法を調査しましたのでお知らせします。

発毛剤の効き目と効果を体験するには

発毛剤をどのように使用すればいいでしょうか。主な発毛剤には成分としてミノキシジルが含有しているものがあります。

使用することで発毛を促進させる方がおられます。ミノキシジルはもともと血管拡張薬として使用されてました。

使用することにより発毛効果が発見されて発毛剤として利用されるようになりました。

ただし、発毛剤を使用して効果が実感できるのは早い方でも16週かかり他から見ても効果がわかるのは28週と言われており
期間をものすごく要する物なのです。

また、発毛剤は継続使用が大切で途中でやめてしまう方も多数おられます。

※参照:大正製薬臨床データ
例)発毛剤。1日2回、1回につき1ml使用した時の効果確認。
・軽度改善を感じる16週(4ヶ月)
・中度改善を感じる28週(7ヶ月)

このように、変化を感じるまでには時間も費用も必要なんです。結構費用も、日数も必要ですよね。これだけしても効果が出ない場合本当に大変です。

そこで、どのようにすればいいか説明しますね。髪に効果のある液体としてミノキシジルがAります。

これは血管拡張剤にも使用されたように血行をよくして、髪の毛を育てます。 しかし、抜け毛を抑えられないんです。

そこで、抜け毛治療に効果があるフィナステリドを使用します。これが重要なんです。

ミノキシジル育毛剤、フィナステリド錠剤は育毛クリニックでも入手できますが、
海外製の育毛剤や医薬品は個人輸入を利用するとリーズナブルな価格で買うことがでるんです。

ミノキシジル育毛剤は国内の病院や薬局で購入することもできますが、多くの場合は通販の方がお得なんです。

また、海外からの個人輸入がご心配な方は、大阪堂など薬の個人輸入代行をしている会社を利用するのはいかがでしょうか。

大阪堂は個人輸入代行を長年実施しており、自社で成分分析なのもしており安心できる会社です。

その他の方法として病院で専門の医者の相談をして、治療を行う方法をおすすめします。費用はかかりますが病院で処方してもらう錠剤フィナステリドと育毛剤で、効果を確認できると思います。

育毛効果をより確実にするため、シャンプーをまめに実施して、育毛剤を浸透させましょう。

また、飲酒、たばこなど嗜好品をほどほどにして生活習慣を改善することが必要です。改善する意識を持ち発毛に心掛けましょう。

まとめ
薄毛治療はできるだけ早い方が効果的です。また、費用を気にされる方は海外からの個人輸入代行により育毛剤購入をお薦めします。

すべてお任せの方は病院での診療によりアドバイスを通り治療を進めるのがいいでしょう。

育毛技術は日進月歩です。育毛が確認できる実例も多数あり、説明した内容を実施するれば効果は期待できます。決してあきらめず治療を行うのが早道です。みなさん、あきらめずやってみましょう。

発毛剤の選び方について

抜け毛や薄毛が気になる方の中には、発毛剤を使ってみたいけど、たくさんの商品が販売されていて、どれを選べば良いか分からなくて困っている方も多いのではないでしょうか。そこで、発毛剤の選び方について詳しく説明します。

発毛剤を選ぶための基本知識

まず初めに、発毛剤を選ぶ上で注意しなければならないことは、発毛剤と育毛剤を混同してはいけないということです。

インターネット上の紹介記事では、混同して書かれていることも多いですが、発毛剤と育毛剤は名前が似ていても、根本的に違うものです。

発毛剤とは、毛が生えていない所に、新たに毛を生やす効果がある薬です。一方、育毛剤の効果は、あくまでも既に生えている毛を健やかに育てるという効果で、新たに毛を生やすという効果はありません。

発毛剤が欲しかったのに、間違えて育毛剤を買ってしまったということがないように十分注意しましょう。

また、発毛剤は医薬品です。臨床試験によって発毛効果が証明され、厚生労働省のチェックをパスして、医薬品としての認可を得ていなければ、発毛効果を謳うことは許されていません。

気になる商品を見つけたら、必ず医薬品かどうか確認しましょう。医薬品でない商品の効果は保証されていませんので、選ばないようにしましょう。

発毛剤は医薬品ですので、発毛効果があるという点については間違いありません。しかし、他の薬と同じで、その効果は体質の影響を受けます。

体質によっては、想定以上の強い効果が出ることもありますが、思ったような効果が得られないこともあります。

使用を続けても十分な効果が得られない場合は、主成分の有効成分が違う種類の発毛剤に変えてみましょう。

発毛剤を選ぶための手順

発毛剤を選ぶための手順は、以下の通りです。

それでは、一つずつ確認していきましょう。

内服薬か外用薬か

発毛剤は、内服薬と外用薬の二つに分かれます。まずは、内服剤にするか、外用薬にするか決めましょう。

内服薬は、身体の内側から効果を発揮するので、高い効果を得ることができますが、一方で、外用薬に比べ、全身的な副作用が出る可能性が高いというリスクがあります。

内服薬の代表的なお薬は、プロペシアという薬で、男性ホルモン働きを抑えることで発毛効果を発揮します。

しかし、この薬を入手するためには、医師の診察を受け、処方せんを発行してもらわなければなりませんし、医師に効果や副作用の状況をチェックしてもらわなければならないので、定期的な通院を続ける必要があります。

内服剤を飲むことに抵抗がない方、通院の時間を確保でき、医師の指導の元で使用したい方、確実に効果を得たいと思っている方は内服薬を選んで良いと思いますが、副作用が心配な方、通院する時間がとれない方は外用薬を選んだ方が良いでしょう。

外用薬であれば、ドラッグストアやインターネットで購入することができます。

主成分となる有効成分を選ぶ

外用薬のメインの有効成分は、主に2種類あり、ミノキシジルと塩酸プロテカジンです。

ミノキシジルはリアップに含まれていることで有名な発毛成分で、毛包で細胞やたんぱく質の合成を促進することで効果を発揮します。

塩酸プロテカジンは、カロヤンなどに含まれている成分で、医療機関では円形脱毛症の治療に使用されている薬で、患部の血行を促進することで発毛を促します。

ドラッグストアで購入できる医薬品は、効果や副作用のリスクによって、要指導薬、第一類、第二類、第三類の4種類に分かれています。

第一類医薬品は、第三類医薬品よりも、効果の切れ味が鋭いですが、その分副作用のリスクも高くなります。リアップは第一類、カロヤンは第三類の医薬品です。

濃度の違いを選択する

主成分が同じでも、濃度が異なる商品が発売されています。例えば、リアップの主成分の濃度は1%ですが、リアップ×5は5%と濃度が5倍も違います。

濃度が高ければ効果も比例して強くなりますが、その分、皮膚への刺激や副作用が起きる可能性も高くなります。効果の強さと副作用のリスクを考えて、主成分と濃度を選びましょう。

副作用が心配な方は、初回は濃度の低いものを選び、体質に合うかどうか確認してから、濃度の高い商品を選ぶと安心して使用することができるでしょう。

補助的成分の有無、剤型を選ぶ

発毛剤には、主成分のほかに、発毛効果を助ける補助的な成分が含まれている場合があります。

例えば、リアップ×5プラスには、主成分のミノキシジル以外にも、L-メントール、トコフェロール酢酸エステル、ピリドキシン塩酸塩という3つの成分が含まれています。

これらの成分には、発毛効果はありませんが、頭皮に栄養を与えたり、皮脂の過剰な分泌を抑制したり、使用時に清涼感を与えて患部を清潔に保つ効果により、頭皮の環境を整えて主成分の作用を補助する効果があります。

補助成分には他にもいろいろな種類があるので、自分の症状や好みに合わせて選択しましょう。

発毛効果を発揮するのは主成分ですので、もちろん、補助成分なしで主成分のみの商品を選んでも問題ありません。

また、カロヤンのプログレシリーズでは、頭皮の肌がDRYかOILYタイプかで、異なるラインナップが用意されています。頭皮の状態に合わせて選びましょう。

リアップでは、液体タイプ以外にも、エアゾールタイプもあるので、使用感の好みで剤型を選んでも良いでしょう。

無理のない価格帯の商品を選ぶ

発毛剤を選ぶ上では、価格も重要です。発毛剤には即効性がありません。効果を実感できるまでには、一定期間使用を続ける必要があります。

最低3か月は薬の使用を続ける必要があります。また、リアップは、毛が生えたからといって薬の使用を中止してしまうと、頭髪は元の状態に戻ってしまいます。

自分のお財布事情に合っていない価格だと、薬を使い続けることが難しくなってしまいますので、将来的にも無理なく使用を続けることができる価格帯の商品を選びましょう。

発毛剤の価格の相場

発毛剤を購入する上での費用の目安となるように、代表的な発毛剤のメーカーの税抜き希望小売価格を記載します。参考にしてみてください。

商品 主成分の濃度 容量 価格
リアップ×5プラス 5%(補助成分あり) 60ml 7,048円
リアッププラス 1%(補助成分あり) 60ml 5,239円
リアップ 1%(補助成分なし) 120ml 9,500円
60ml 5,500円
リアップジェット 1%(エアゾールタイプ) 3,800円
カロヤンプログレEX 2%(補助成分あり) 120ml(OILYタイプとDRYタイプあり) 4,000円
カロヤンプログレ 1%(補助成分あり) 120ml(OILYタイプとDRYタイプあり) 3,000円
カロヤンS 1%(補助成分あり) 180ml 3,700円
NFカロヤンガッシュ 2%(補助成分あり) 240ml 6,667円
NFカロヤンアポジカΣ 1%(補助成分、生薬も配合) 200ml 6,500円

基本的に濃度が高いもののほど、価格も高くなります。インターネットのセールを利用すればもっと安い価格で購入することも可能です。

まとめ
発毛剤には、いろいろな種類がありますが、内服か外用か、主成分と濃度、補助的成分の有無と剤型、価格帯を決めることで、自分にあった発毛剤を選ぶことができます。

効果が得られるまではしばらく時間が必要なので、しっかり使用を続けましょう。

発毛剤付け方塗り方

年齢を重ねるごとに重くのしかかる責任とストレス、それに伴って薄くなっていく頭皮にお悩みの方も多くいると思います。

世の中には発毛を謳ったサプリメントや発毛剤が販売されていますが、発毛剤をどのように使用すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、発毛剤の効果や使用方法を解説していきます。

発毛剤は効果があるのか?

発毛剤は髪の毛の生えるメカニズムを理解して使用することが重要となります。髪の毛には、生えて、伸びて、抜けてを繰り返していくヘアサイクルというものが存在しています。

ヘアサイクルは6ヶ月~10ヶ月程度であり、新しい髪の毛が生えてくるのに必要な期間です。

そのため、発毛剤を使用したからといってすぐに効果が実感できるわけではなく、半年程度は使い続けないと効果を実感できません。

塗り忘れのないように毎日根気強く、発毛剤を塗布していくことが必要です。

発毛剤の塗り方

発毛剤はお風呂上がりに使用すると効果的です。まずは、シャンプーでしっかりと頭皮の汚れを取り除きます。

頭皮が髪の毛が濡れたまま、発毛剤を使用すると効果が半減してしまうため、しっかりとドライヤーで髪の毛を乾かします。

その後、はじめて発毛剤を使用します。発毛剤を頭皮全体に満遍なく塗布していき、指の腹を使用してマッサージしながら発毛剤をゆっくりと頭皮に浸透させていきます。

頭皮マッサージにより血行が良くなるために、発毛剤の効果を最大限に引き出してくれます。

注意点としては、早く実感するために大量の発毛剤を使用することは避けて下さい。適正量の使用を心がけましょう。

また、マッサージの際に爪をたててしまうと頭皮を傷つけてしまいます。爪をしっかりと切り、指の腹を使用してマッサージしましょう。

発毛剤の副作用

発毛剤によっては副作用がでてしまうこともあります。そのため、自分の体質に合った発毛剤を選ぶことが重要になります。

副作用としては、フケが多くなる、頭皮のかぶれやかゆみなどの発生頻度が多いとされています。

発毛剤を使用していてそのような副作用が出た場合には使用をすぐに中止しましょう。

また、過剰に発毛剤を塗ることによっても副作用発現の可能性を高めてしまいます。製品ごとの適正量はしっかりと守って使用しましょう。

まとめ
発毛剤は使用法をしっかりと理解して、適切に使用すれば薄毛の悩みを解消してくれる可能性は大いにあります。発毛剤を活用して薄毛対策を行いましょう。

発毛剤って安全なの?副作用をチェック!

頭部の薄毛や脱毛にお悩みの方の中には、発毛剤を試してみたいと思いつつも、安全性が気になって躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

育毛剤には、天然由来成分や血行促進剤などのマイルドな成分しか含まれていませんが、発毛剤には、高い発毛作用を持つ医薬品成分が含まれています。

そのため、育毛剤とはレベル違いの効果を得ることができますが、医薬品である以上、副作用が起きる可能性があります。

では、発毛剤を使うとどのような副作用が起きる可能性があるのでしょうか?

発毛剤の種類と副作用

発毛剤には、内服薬と外用薬の2種類に分類できます。内服薬には、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの産生を抑える成分が入っています。

ジヒドロテストステロンは特に脱毛に影響を与えるホルモンで、このホルモンが産生されるのを抑えることで、脱毛を防止し、発毛を促進することができます。

副作用としては、かゆみや蕁麻疹といったアレルギー症状のほか、肝機能障害が起きる可能性があります。

また、男性ホルモンの働きを抑えるため、性欲が減退したり、男性機能の低下が起きることがあります。

一方、外用薬にはミノキシジルという成分が含まれています。ミノキシジルは、患部に直接塗布することで、毛包に直接作用し、毛を太く大きく成長させる効果を発揮します。

外用薬の主な副作用は、頭皮の発疹、赤み、かゆみ、かぶれ、熱感等、使用部位における刺激反応です。

皮膚から吸収された薬の影響で、めまいや頭痛、心拍上昇といった副作用が起こることもありますが、使用部位に発生する副作用に比べると頻度は少なくなっています。

一般的に、内服薬と外用薬を比較して、より安全性が高いのは外用薬です。発毛剤においても同じことが言え、肝臓等への影響もある内服薬に比べて、外用薬の方が安全性が高いと言えます。

発毛剤の入手方法と入手する上での注意事項

発毛剤の内用薬は、診察を受けて医師から処方してもらわないと、入手することはできません。

発毛剤の内用薬を安全に使用するためには、医師による体調確認が必要となります。

処方された分を飲み終わった後は再度受診し、副作用が見られず、問題なく使用できると医師が判断すれば、また次に服用する薬を処方してもらえます。

薬を飲み続けるためには、最初は2週間に1度、問題がなくても1~2か月に1度程度、診察を受け続ける必要があります。

一方、外用薬は、ドラッグストアやインターネットでも購入することができます。医師の診察を受ける必要はありません。

ただし、購入にあたっては、薬剤師からの確認と説明を受ける必要があります。

初めてミノキシジルの外用発毛剤を使われる方は、インターネットを利用するよりも、まずはドラッグストアで購入した方が良いでしょう。

ドラッグストアでは薬剤師が対面で応対してくれますので、インターネットでの購入に比べて細やかな対応をしてもらうことが可能です。

使用に問題がない健康状態かどうか、合併症や併用薬、アレルギー歴等について細かく話を聞いてもらい、製品の使い方や注意事項、副作用とその発生時の対応についても、納得が行くまで説明を受けることができます。

また、万一、副作用が発生した際も、再度お店を訪れれば、すぐに販売した薬剤師に相談することができるので安心です。

内服薬の場合は、どの薬にするか決めるのは医師の判断ですが、外用薬の場合は自分で商品を選ぶことができます。

ミノキシジルを含む外用薬には、主成分の濃度が異なる複数のラインナップがあるので、どれにするか迷ってしまうことでしょう。

早く効果が得たいと、濃度が高い商品に惹かれるかもしれませんが、安全性を重視するのであれば、最初の1本は濃度が低めの商品から始めた方が良いと言えます。

濃度の高い医薬品はそれだけ高い効果を得ることができますが、その分、副作用も強くでます。

成分が体質に合わずに副作用が起きてしまった時も、濃度が低ければ軽度の症状で済みますし、低い濃度の商品を使用して問題がなければ、次からは高い濃度の商品を安心して使うことができるでしょう。

また、高い濃度の商品は価格も高いので、万一、体質に合わなかった時に受ける経済的な損失も最低限に抑えることができます。

内服薬でも外用薬でも、用法用量を守るという点は、安全に薬を使用する上での第一条件です。

また何か異常が発生した際は、医師、薬剤師に状況を報告し、使用を続けて問題がないか確認する必要があります。

外用発毛剤の購入費用を抑える方法

発毛剤には即効性の効果はありませんので、効果を得るためには、一定期間商品の使用を継続する必要があります。

最初は安全上のメリットを考慮して、ドラッグストアで購入した方が良いでしょうが、何度か購入して、副作用が起きることもなく、問題なく使用出来ているようであれば、次は購入費用を抑えるために、インターネットでの購入を検討しても良いと思います。

インターネットでは、ドラッグストアで販売している価格よりもかなり低い金額で販売しているお店も少なくありません。

キャンペーン等を利用すれば、購入費用を大幅に抑えることもできます。ただし、インターネットで購入する際は、ただ価格が安いショップにだけ注目するのは止めましょう。

医薬品の販売許可を得ていること、薬剤師による安全性の確認や情報提供等の体制がしっかり整っていることを必ずチェックするようにしましょう。

まとめ
発毛剤には、高い効果が期待できますが、副作用が起きる可能性もあります。安全を守るため、医師または薬剤師の指導に従って適正に使用しましょう。

ページの先頭へ

フッターの/bodyの上に