薄毛を心配する若い女性

20代、30代の女性で薄毛を心配している人というのは、ほとんどいないのではないでしょうか。実際、薄毛になるという人もとても少ないですが、少ないながらも最近は増えつつあるようです。
そこで、若い女性が気を付けるべき、薄毛につながる原因をご紹介します。

ストレスを溜め込む習慣は薄毛にも影響が

様々な病気の原因として、よくあげられるストレスですが、薄毛にも無関係ではありません。
ストレスがたまることで、自律神経が乱れると、血行が悪くなっていきます。
栄養は血液を使って運ばれますから、血行が悪い状態というのは、上手く全身に栄養を送ることが出来ていないという事になるんですね。

特に髪の毛に栄養を与えるための血管は、毛細血管というとても細いものですから、血行が悪くなった時の影響を受けやすく、栄養不足になってしまいます。
栄養が足りなければ、髪の毛を作ることもできませんから、薄毛につながるというわけです。
そのため、適度なストレス発散は薄毛対策にも必要な事です。

ストレス社会ともいわれる昨今、若者に薄毛が増えたと言われるのは、ストレスが大いに関係しているのではないでしょうか。

無理なダイエットが薄毛に繋がる

女性だと夏前などにダイエットをする人もいるでしょう。
栄養バランスを考えて、無理なくダイエットをするのであれば問題ないと思いますが、中には1日の食事の量を極端に減らすという人もいるのではないでしょうか。
血行不良で栄養が届けられなかったら薄毛になるように、血液がちゃんと流れていても、そこに栄養が足りなければ、薄毛に繋がります。

髪の毛(正確には毛根)の栄養不足が原因の薄毛の場合、血行の問題と栄養素のものが足りていない問題の2つに分けられますので、どちらが原因かを考えることは、育毛剤を使う上で大切な情報になります。
それから、無理なダイエットでホルモンバランスが崩れることがありますよね。
ホルモンバランスが乱れて、エストロゲンが減少すると、これも薄毛を引き起こすかもしれません。

高齢になると女性であっても、髪全体が薄くなりますが、それはエストロゲンが年齢とともに減少したからです。
その状態が疑似的に起こることで、若くても薄毛になります。
薄毛の怖いところは、原因を1つ取り除いたとしても、その原因からまた別の原因が生まれているかもしれない事です。

頭皮を傷つけるパーマやカラーリング

おしゃれのためにパーマやカラーリングを行うという人は少なくないと思いますが、それが髪に良いと思っている人はいないでしょう。
パーマやカラーリングには限りませんが、髪が傷つきボロボロになると、髪が抜けやすくなりますから、その分髪が薄くなります。
髪へのダメージは、新しい髪が生えてくれば大した問題になりませんから、そこまで気にしなくていいと思いますが、頭皮へのダメージは別です。

頭皮に炎症などが起これば、そこから髪が生えてこなくなるかもしれませんし、毛根にダメージがたまって、細胞が死んでしまうと髪を作る能力が無くなってしまいます。
ダメージとは言わず、汚れであっても、毛穴を塞いでいたら髪の成長を阻害しますから、頭皮環境は整えておく必要があります。
もしも、カラーリングなどで頭皮がひりひりと痛むようでしたら、頭皮にダメージが入っていますから、使用を控えるようにしてください。

シャンプーをする際にも、爪を立てて頭皮を傷つけてしまうかもしれませんから、注意してください。

育毛剤を使うときには効果を見て決める

薄毛になったから育毛剤を使う人も多いと思いますが、育毛剤に入っている成分によって効果が違います。
血行不良が原因の場合には、血行を良くするものを買わないと意味がありませんし、栄養不足であれば毛根に栄養を与えるものが必要です。
そのため、自分の薄毛の原因がどのようなものかは、しっかりと考えておきましょう。