クリニックの看護婦画像

時代のせいか薄毛に悩まされる人が増えてくる中で、女性であっても関係ないとは言えない状況になってきました。髪は女の命とも言いますし、抜け毛が増えると気が気ではない人もいるでしょう。
そのまま髪が薄くなってしまう前に、病院で治療してほしいと考える人もいるはずです。

では、薄毛や抜け毛で何科を受診すればいいのかを、知っていますか。

症状から見て病院を選ぶ

殆どが男性型脱毛症だと言われる男性の薄毛と違って、薄毛の原因がいくつもあり、それに合わせた病院に行くことが求められます。
例えば、妊娠・出産や生理不順といったホルモンバランスの乱れによって、薄毛になったのだと考えられる時は、婦人科に相談に行くのが良いでしょう。
頭皮にかゆみや炎症、湿疹、吹き出物、フケと言った異常がみられる時には、皮膚科に行くことになりますし、ストレスが原因だと考えられる場合には精神科を受診します。

薄毛や抜け毛と同時に、身体に異常を感じるなら内科に行くと良いです。
行く病院を間違えたからと言って、すぐに薄毛が進行するわけでもないですが、病院に行く時間や診察料などがかかるため、できるだけ症状に合った病院に行きたいところです。
ただし、皮膚科の中にはホルモンバランスの乱れがないか、甲状腺に異常はないかなど、詳しい診察をしてくれる病院もありますから、近くにそういった皮膚科があれば行ってみるといいでしょう。

しかし、皮膚科すべてがこういった検査をしてくれるわけではなく、薄毛治療自体受け付けていないというところもあるようですから、事前に電話などで確認しておくようにしてください。

病院では薄毛が解決することは稀

病院で治療すれば、薄毛が治ると考える人もいるかもしれませんが、殊薄毛治療では薄毛が解決する=髪が増えることは稀だと言えます。
というのも、病院とは病気を治すところで、薄毛を改善する場所ではないからです。要するに皮膚科は薄毛の専門ではないため、できることが限られてきます。

薄毛の原因が何かしらの病気や怪我であれば、病院でその原因をどうにかして、また髪が生えてくるようにできると思いますが、そうでなければ病院での治療は対処療法になり、現状を維持することが目的になります。
病気によるものかどうかを素人が判断するのは難しいかもしれませんが、1つの目安として急に髪が抜けるようになったのであれば、病気を疑ってください。
進行がゆっくりだった場合、老化や遺伝が関係していて、病気は無関係であると判断されて、治療の必要なしと言われる可能性もあるようです。

薄毛を改善したいときには頭髪専門クリニック

現状維持ではなく、髪の量を増やしたいときには、一般の皮膚科ではなく頭髪専門クリニックに行った方が良いです。
ただし専門のクリニックであっても、AGAを取り扱っている男性向けのところや、女性が入りやすい女性向けのところがあるみたいですから、間違って男性向けのところに行かないようにしましょう。
言ってはダメというわけではありませんが、周りは男性ばかりで、薄毛や抜け毛に関する悩みだとバレてしまいます。

クリニックの治療内容はそれぞれで違う部分もありますが、サプリメントや薬で育毛をするものになるようです。
無料のカウンセリングをしているところも多いですから、とりあえず行ってみて、そこでしっかりと悩みや症状を話すようにしてください。
ただし、クリニック選びは重要ですから、カウンセリングに行く前に、評判などをチェックしておくと良いでしょう。

クリニックでは皮膚科では治療してくれない薄毛まで診てもらえますが、病気を治すわけではありません。
そのため、病気のせいで薄毛になっている場合には、そちらをどうにかしない限り、抜け毛は収まらないと言えるでしょう。
薄毛の原因が病気であれば、すぐに病院に行くようにしましょう。

料金ですが、専門クリニックの方が高くなりますので、値段を見てから考えるのもいいのではないでしょうか。

原因を特定してから育毛剤という方法も

きちんと検査してくれるところだと、通院する・しないに関わらず、原因について教えてくれることでしょう。
初期段階で且つ、そこまでわかってしまえば、あとは生活習慣の改善と育毛剤でケアをしていくという方法も考えられます。