大豆の画像

女性の薄毛対策について調べていると、大豆イソフラボンが良いという話を目にすることがあります。
健康に良いのはなんとなく知っているかもしれませんが、薄毛にも効果があるのでしょうか。
そこで大豆イソフラボンの力がどういうものなのかを、見ていきましょう。

女性の薄毛の原因

薄毛に効果があるという事は、薄毛の原因に対して何かしらの作用があるという事です。
そこで、まずは女性が薄毛になる原因を考えてみます。
よく言われるのが、頭皮の血行不良や栄養不足でしょうか。
血行不良はストレスがたまると起こりますし、無理なダイエットは栄養不足の元になります。

それから、女性特有のものとして、女性ホルモンのエストロゲンの減少があります。
年を取ってくると、女性であっても髪のボリュームが減り、全体が薄くなってしまいますが、それはエストロゲンの減少が主な理由です。
エストロゲンの減少は加齢だけではなく、出産やホルモンバランスの乱れなどでも起こりますから、女性であれば誰でもホルモンが原因の薄毛になる可能性があります。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わり?

大豆イソフラボンが、薄毛に効果があると言われる理由が、エストロゲンと同じ働きをする成分だからです。
そのため、育毛だけではなく美肌効果もありますし、月経不順などにも効果が期待できます。
そもそも本当にイソフラボンがエストロゲンと同じ働きをするのかという話ですが、厚生労働省の研究で明らかになっていることです。

国が確かめたと言っていいですから、信頼できる情報だと言っていいでしょう。
ここまでだと、大豆イソフラボンは女性にしか効果がなさそうではあるが、実は男性にも有効な効果があります。
それが男性ホルモンの抑制です。

男性の薄毛の原因は、そのほとんどが男性ホルモンだと言われていますから、大豆イソフラボンは男女関係なく薄毛に効果があると言えるでしょう。
男性ホルモンを抑える効果は女性には無意味だと感じるかもしれませんが、女性の中にも男性ホルモンが原因で薄毛になる、女性男性型脱毛症もいますから、全く意味がないとは言えません。

女性用のおすすめ育毛剤ランキング

カプサイシンも一緒に摂ると効果的?

大豆イソフラボンが薄毛に効果的なのは分かってもらえたと思いますが、できれば効率的に摂りたいですよね。
そういう時には、カプサイシンと一緒に摂るといいと言われています。
カプサイシンとは唐辛子などの辛み成分として有名ではないでしょうか。

カプサイシンと大豆イソフラボンを一緒に摂ることで、育毛効果が高くなるのだそうです。
具体的には、この2つの成分を同時に摂ることで、カプサイシンはIGF-1と呼ばれる成長因子を増やし、これが毛乳頭を活性化させるためです。
成長因子を訊いたことないという人もいるかも知れませんが、育毛剤でも使われる成分ですから、その効果は折り紙付きです。

どちらも有用な成分ですが、たくさん摂ればそれだけ効果が高くなるというものではありません。
むしろ、摂りすぎることで、逆に育毛に悪い影響を当たるかもしれませんから、注意が必要です。

育毛剤を購入するときには成分表に着目してみて

大豆イソフラボンに限らず、育毛に良い成分はたくさんあります。
ただどのように育毛にアプローチしているのかはそれぞれ違い、イソフラボンはホルモンに対するアプローチですが、中には血行を良くするものや、頭皮の汚れを落とすものなどもあるわけです。
そんな中で、自分に必要な成分を見つけるためには、成分表を見て買うのが一番だと思いますから、育毛剤はなんとなく買うのではなく、成分を見てから買った方が良いです。

女性用の育毛剤の口コミはこちら

関連記事