鏡を見て薄毛を確認する女性

女性が女性らしくなるのに欠かせないのが、女性ホルモンです。
女性らしい体つきにしたリ、肌の調子を整えたり、と様々な効果がありますが、この女性ホルモンが薄毛と関係していることは知っていましたか。
知らなかったという人は、その関係を少しでも見ていってください。

女性ホルモンは薄毛に関係しているのか?

まず男性に比べて女性の方が薄毛になりにくい理由を知っているでしょうか。
薄毛になる原因に、男性ホルモンが変化した、ジヒドロテストステロンがあるからというのも1つであるのは違いありません。
女性にも男性ホルモンはあるとはいえ、男性よりも少ないですから、その影響で薄毛になる可能性は低くなります。

同時に女性ホルモンである、エストロゲンが髪をふさふさにしてくれるからです。
エストロゲンは、美容にもプラスの効果を与えてくれますが、髪の毛もその例外ではないという事ですね。
エストロゲンがある事と男性ホルモンが少ない事で、女性は薄毛になりにくくなっています。

逆に言うと、エストロゲンが少なくなると、相対的に薄毛になってしまうわけです。
例えば高齢になると、髪全体が薄くなりペタンとした印象を与えるようになりますが、それはエストロゲンの分泌量が減ったことが原因だと言われています。
エストロゲンの減少による薄毛は、加齢だけではなく、出産後にも起こる可能性がありますし、何らかの原因でホルモンバランスが乱れた時にも、引き起こされる可能性があります。

こうした薄毛の場合、エストロゲンを投与することで、改善されるかもしれません。

女性用の育毛剤の口コミはこちら

エストロゲンは副作用が出る可能性が高い

エストロゲンを投与することで改善されるのであれば、ぜひ手に入れたいと考える人もいるでしょう。
ですが、ホルモン剤を手に入れるには、基本的に病院に行って処方してもらう必要があります。一般の薬局に女性ホルモンが入った薬は置いていませんし、育毛剤に入っているという事もありません。

個人輸入など買う方法もないわけではありませんが、リスクもあるためおすすめはしません。
そもそも、なぜ病院で処方してもらう必要があるかと言えば、少量でも大きな効果を生み出すホルモンを体に入れるというのは、副作用の危険性が高いからです。
場合によっては、自分でホルモンを作ることが出来なくなるかもしれませんから、何も考えずにエストロゲンを取り入れようとするのは、止めてください。

どうしても病院に行きたくない、行く時間がないという場合には、イソフラボンが女性ホルモンと同じはたらきをすると言われていますので、こういった大体成分を摂るようにした方が良いでしょう。

ホルモン剤は病院で処方してもらう事

そもそも、薄毛の原因がエストロゲンの減少だと個人で判断することは難しいです。
特に女性の場合には、原因がいくつか組み合わさって薄毛になっていることが多いため、自分ではエストロゲンの減少だと思っていても、別の原因でホルモン剤を飲んでも意味がなかったという事もあり得ます。
原因は何であれ、早く薄毛を改善したいと思うのであれば、一度病院やクリニックで診察してもらった方が良いです。

一般の病院だと、詳しい検査までしてくれるかどうかはわかりませんが、検査さえしてもらえれば、原因に沿った対処が行えますし、必要とあらば薬も貰えるでしょう。
無駄なく確実に髪を増やしたいという場合には、頭髪専門クリニックに行った方が良いです。

個人の判断でホルモン剤を使わない事

エストロゲンが美容に良いという話は、女性であればどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。ホルモン剤でも、ネットを駆使すれば簡単に手に入れることが出来る世の中ですが、メリットだけで判断して使用するのは大変危険です。
どうしても使いたいという場合には、下調べをしっかりして、何があっても自己責任だという覚悟でもって使うようにしてください。

女性用の育毛剤ランキングを見る

関連記事